船橋市で地域ねこ活動を行っています。詳しくは本家HP「ふなばし地域ねこ活動」をご覧ください。
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年10月22日 (月) | 編集 |
10月21日(日)下総中山の西部公民館にて、
第6回ふなばしニャンポジウムを開催しました。
20071021

参加者は、12名(スタッフ除く)ほどの

小規模な草の根ニャンポでしたが、
中身の濃いものになりました。

第一部  地域ねこ活動セミナー

今までニャンポでお話し続けてきた内容に加え、
千葉県動物愛護管理推進計画についての話、
そして船橋市の、
動物愛護及び管理に関する条例についても
お話させていただきました。

ゲスト講師に、
下総中山にて活動されている
Yさんをお招きしました。

y

活動を始めたきっかけ、具体的な取り組み、
活動に対する姿勢、思い、
地域の人々とのかかわり方など、
詳しくそして、楽しくお話していただきました。

地域ねこ活動をこれから始めようという人々にとって
大きな支えとなるお話だったと思います。


ニャンポジウムは、今回で6回目。


鎌ヶ谷市で活動したいと考えている方、
習志野市で活動している方々、
そして千葉市、市川市、印西市、
佐倉市、白井市、木更津市、柏市
船橋市だけに留まらず市外・県外からも多くの方々が、
この活動の有効性を理解し、参加してくださいました。

参加してくださった方々は、
皆、不幸な野良猫を一匹でも減らしたいと考え、
市民としてできる限りの「努力をしている」、
もしくは「努力しよう」と行動を起こした人達
です。

皆で力を合わせて、活動の輪をどんどん広げ、
地域ねこ活動が市民権を得るよう頑張って行きましょう。


すべては、
不幸な野良猫を一匹でも減らし、
被害を減らすためです。


辛いことや悲しいことが、
本当に多い活動ですが、
信じて歩めば、必ず未来は明るくなります。
____________

当日、参加者の方々から 
13300円のご寄附を、いただきました。

活動を広げるために、大切に有効に使用させていただきます。

誠にありがとうございました。
____________

野良猫被害に悩む方!

行政への苦情だけでは、問題は解決しません。

餌やりさんだけを非難しても、問題は解決しません。


地域ねこ活動を通して、

一緒に、問題を解決していきませんか?
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。