船橋市で地域ねこ活動を行っています。詳しくは本家HP「ふなばし地域ねこ活動」をご覧ください。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年09月28日 (金) | 編集 |
素案についての説明が終わったところで、
行政と県民(団体)による意見交換が行われました。


~以下、ふなばし猫のメモです。
 言葉遣いに細かい違いがあると思いますがご容赦ください~


行政職員「では、どなたかご質問等ございますか?」

ふなばし猫
「要望と質問が一点ずつあります。
まず要望ですが、問題を解決するにあたって、
市民と行政、団体の協働が大切であることはわかりました。
しかし、それとともに行政内での連携もお願いしたいと思います。
地域ねこ活動に関して言えば、
公園での餌やりについては、みどり管理課(公園管理課等)、
河原などでの活動では、河川管理課等が関わってきます。
保健所や愛護センターだけの施策ではなく、
行政内での幅広い協働体制を構築し、
スムーズに活動できるようお願いしたい。

それから質問ですが、
船橋市と千葉県の野良猫に対する意識の違いがあった場合、
(例えば船橋市は餌やり自体を禁止しているのに対し、
 千葉県は餌やりは悪いことではないが、
 その先の活動を促している)
我々は県民であり市民であるため、
どちらの考えにそって活動すればよいのかという、
混乱が起きると思う。

県と市の考えをまとめることは可能か。
もし考えが分かれた場合、どちらに従えば良いのか?」


行政職員
「まず、ご要望についてですが、
いわゆる縦割り行政であってはいけないというご意見ですね。
そうならないよう各課に跨った協働体制を
作って行こうと考えています。

それから、県と市の意見の違いについてですが、
10月の末に市町村との意見交換を行います。
その場で調整できればと考えております。」


ふなねこメンバーHさん
「①動物取扱業者に対する厳しいチェック体制を!
 ②野良猫の不妊去勢手術に対する助成を!
 ③大学など、野良猫問題が起きるであろうことが予測できる
  場所に対しては、問題が起きる前に
  地域ねこ活動の啓発してほしい!」

行政職員
「①業者に対する資質向上のためのセミナー等の場を提供します。
 ②不妊去勢手術については、不幸な子犬・子猫をなくすため、
  社団法人 千葉県獣医師会、
  財団法人 千葉県動物保護管理協会において、
  毎年動物愛護週間行事の一環として
  不妊・去勢手術普及助成事業を実施しています。
  (詳しくはこちら→千葉県獣医師会
 ③そのような啓発についても検討させていただきます。」


愛護団体メンバー
「①動物愛護推進員の位置づけや役割を明確に!
 ②愛護啓発に関しては、教育委員会の協力が必要」

行政職員
「①動物愛護推進協議会の場において、明確化したいと思います。
 ②各機関との連携の在り方についても検討いたします」


ふなねこメンバーMさん
「千葉県は、本当に殺処分数が多すぎる、なんとかしてほしい」

行政職員
「不妊去勢手術の推進により、処分数半減を目指します」


県民・男性
「ペット飼養不可の集合住宅(マンション・団地)における
 問題解決については、県はどのような指導をするのか?
 
 ペット不可だと規定されているのに、
 内緒で飼っている人が大勢いる。
 飼ったもん勝ちの状況になっては、ルールもへったくれもない」


行政職員
「その集合住宅それぞれの規約に則った指導をしていくことと
 思われます。」

ふなねこ会員Hさん
「高齢化社会を迎えるにあたって、ペットはますます
 コンパニオンアニマルとしての意味を持つこととなる。
 すでに飼ってしまっている場合については、
 処分させることや、住まいの明け渡しなどを迫ることでは
 問題は解決しない。
 やはり問題の解決策としては、住民同士でルールを作り、
 それを守らせることだと思う」

県民・男性
「規約を破るような人にルールが守れるだろうか。
 しかし、双方の妥協点を見つけていくことが必要なようだ」


愛護団体メンバーOさん
「あらゆる啓発を看板で設置しても、県民は見ない。
 パンフレットにしても、読まない。
 もっと広報を効果的にするには、自治会などでの回覧板に
 載せてもらうなどは出来ないか」

行政職員
「広報の在り方についても、検討します」


…文字数削減のために、
 重要部分以外はかなーり割愛させていただきましたので、
 行政職員の返答が、
 ややツッケンドンに思えるかもしれませんが、 
 現場の雰囲気は、
 こんなに殺伐としたものではありませんでした。

 友好的雰囲気だったように思います 


意見交換できる時間に制限があったため、
あまり深く議論できなかったのですが、
10月の中旬頃、千葉県では計画に対するパブコメを
募集するそうなので、そこでまた発言しようと思っています。


皆さんもぜひ、

自分達(&動物たち)の住み良い街づくりのため、
県に意見を届けてください!
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。