船橋市で地域ねこ活動を行っています。詳しくは本家HP「ふなばし地域ねこ活動」をご覧ください。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年01月07日 (水) | 編集 |
新年あけましておめでとうございます。
今年も「ふなねこ」を宜しくお願い致します。

今回は市内で頑張って生きている地域ねこ達を
取り上げて行こうと思います。

【捨てられた おっくん】

おっくんは、おとなしいオス猫です。

20141218_040112000_iOS.jpg

おっくんは捨て猫です。
今は地域の人が世話してくれています。

そのうち近所の人々にも可愛がられるようになり、
今ではすっかりご近所のアイドル。

エサやりさんが犬の散歩をすれば
後を付いてくるようになりました。

IMG_0368.jpg
(なかよしの猫と一緒にエサやりさんを追って)

IMG_0364.jpg
(おっくん!と呼べばスリスリだって)

IMG_0365.jpg

おっくんが近所のアイドルになれたのは、世話をしてくれる住民が居てくれるから。
その人達が居なかったら、おっくんは名もない野良猫として生きるしかなかったと思います。
________________________________________________

【地域猫の御先祖様?】

もとは10匹以上いた現場。
ふなねこメンバーが住民に働き掛けて、
やっと野良猫から地域猫になれた三匹の猫達。




ふっとエサ場を見ていたら、こんな足跡を発見。


(コンクリート部分にうっすらと猫の足跡が・・・)

この建物(エサ場)が出来たのは、
およそ30-40年前だと思います。とても古い建物です。

この足跡は、そんな昔からここに猫が生活していた証しです。
メンバーが世話している猫達の御先祖様かもしれません。

その頃生きていた猫達は、住民と上手く共生していたかな?
嫌われたり邪魔者にされていなかったかな?

君たちの子孫かもしれない三匹の猫。
これからもしっかり世話して行くよ。

…などと心で呟きながら、足跡を見つめました。

もちろん三匹は手術済み。
手術したことによって、この代限りの命にしてしまいました。
この付近で代々受け継がれていた命を、活動によって断ち切る事になります。

しかしこれ以上増え続ければ、住民の負担も増えます。
猫達にとっても生きにくい状況になり、
お互いが不幸になってしまうことが予想されます。

これからもコツコツ活動を続け、どんどん広げていきたいと思います。
今年もふなねこへのご支援を宜しくお願い致します。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。