船橋市で地域ねこ活動を行っています。詳しくは本家HP「ふなばし地域ねこ活動」をご覧ください。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年12月21日 (日) | 編集 |
12月19日の金曜日、
今までの活動報告と市に対する要望をお話するため
ふなねこメンバーと市内で活動されている市民(計8名)で
船橋市保健所に行きました。

Image396.jpg
(写真と文は全く関係ありません;;)

衛生指導課の課長、課長補佐、動物愛護指導センター所長が
我々の話を聞いてくれました。

それぞれが日々の活動について話をし、
地域の皆さんの様子なども報告。

自宅でエサやりをして手術をした活動家Aさんは、
隣にある公園で猫がフンをしているのではないかと、
毎日、フンの始末をしているそうです。

猫のフンよりも犬のフンや空き缶・タバコの吸い殻のゴミの方が多いとのこと。
それでも文句を言う事もなく、毎日それを片付けてくださっているそうです。

他の地域で活動しているBさんは、
エサ場が公道に面しているため、
通勤通学のご近所さんにエサやりを見ていただいているそうです。

朝のエサやり時には、皆さんに挨拶なさるとのこと。
始めは挨拶を返してくれなかった子供たちやサラリーマンも
今では挨拶を返してくれるようになったそうです。

住宅街で活動しているCさんは、市から支給された腕章をして
ご近所まわり(フン掃除)するそうです。
腕章に対するご近所の評判も上々のようです。

そして活動していく中で困っている事、
市に対する要望・意見などについても話しました。

「助成金額(1匹に対して助成される額)を上げる要求」と、
「町会自治会に対する市からの広報・説明不足についての意見」が
特に多かったように思います。

「個人が町会自治会に話をしても聞く耳を持ってくれない。
 そういう説明を市からもっと積極的に行なってくれれば、
 頑なな自治会でも話を聞いてくれやすくなるのでは?
 市で地域ねこ活動を推進していると言う事を、
 チラシなどを自治会に配布して回覧板でまわしてほしい。
 センターが積極的に自治会に説明にまわってほしい。」
という意見が大半でした。

職員の皆さんはこれら市民の声に真摯に耳を傾け、
努力していくことを約束してくれました。

(助成金がUPされるかどうかの確約はありません)

今後もふなねこは市民の声を届けるために、
このような意見交換の場を設けていきたいと思っています。


_______________________

【ふなねこの年末年始の相談受付について】

事務所の相談は、平日12時~14時の受け付けですが、
12月30日~1月3日まではお休みさせていただきます。
活動で不在の時は、電話に出れません。ご了承ください。

代表清水の携帯は、12時~19時の間でしたら、
出られるときは、いつでもお受けいたします。
緊急時には携帯にお電話ください。
尚、非通知電話はお受けしませんので、ご了承ください。
折り返し電話もしていませんので、出ないときは何度かお電話ください。

*電話番号は本家HPにございます。
_________________________

次回は「捨て猫おっくんの話」を書きたいと思います。
おっくんの写真が撮れ次第、UPさせていただきます。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。