船橋市で地域ねこ活動を行っています。詳しくは本家HP「ふなばし地域ねこ活動」をご覧ください。
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年12月03日 (水) | 編集 |
11月30日(日)二和公民館で行われた、
「地域で考える飼い主の居ない猫対策」(地域ねこ活動セミナー)は
盛況のうちに無事終了いたしました。

IMG_4971.jpg


当日は定員ぎりぎりの30名ほどの方々が、お越しくださいました。

船橋市をブロックで分けると、5つの地域になります。
(それを行政コミュニティーと呼んでいます。北部、南部、東部、西部、中部の5つ)

今回は北部にあたる二和公民館付近の町会に、
センターから回覧用のセミナーポスターを送付しました。

町会で回覧してもらえれば、地域の人々に広報は行き渡ることが期待できます。

役員さんもおのずとポスターに目を通してくださるでしょうから、
町会自体が地域ねこ活動を認識してくださるはず。

いきなり活動に対して、町会が理解や協力するのは無理だとしても
「そういう活動を船橋市が推奨しているという認識」だけは
してくれるのではないでしょうか。

町会が認識してくれれば、活動したい人も声を上げやすくなる・・・
そういう思いを込めて、センターとふなねこは動いています。

活動してくれる人たちが、活動しやすくなるような状況を作りたいのです。

地域ねこ活動がどんどん広がって行けば、
野良猫に困る人々も、野良猫の存在に胸を痛めている人も、
不幸な野良猫自体も減らしていけます。

002_20141203175241c38.jpg

次回は東部でセミナーを行ないます。
予定は、6月28日(日)東部公民館です。

近くなりましたら、詳細をお知らせいたします。

船橋全土に活動が知れ渡るよう、センターと協働して頑張ります。
___________________

【ある高齢者の話】

今日、NHKでも放映されていましたが、
高齢者による飼育放棄が問題になっています。

(動愛法の改正で、飼い主は終生飼養を義務付けられています)

地域猫活動の現場では、エサやりさんが高齢になり
活動が続けられなくなったり、
TNRが出来なくなって、
猫が出産してしまったりするなどの事例が報告されています。

ある地域では、認知症になってしまった高齢者が
あたり構わず野良猫を見れば、エサをばらまいてしまい、
問題になっています。

その地域で活動している人たちが、TNRを手伝っているのですが、
猫の情報がどれも曖昧で、TNRする時期を逸してしまったり、
あちこちにエサをばら撒いてしまうので、
猫の頭数の把握・管理ができずにいるようです。

しかし動ける世代の人々が何とかしていかなければ、
今以上の問題を抱えることになってしまいます。

動ける世代に皆様。
大変なご苦労とは思いますが、何卒、ご協力のほど宜しくお願い致します。

ふなねこも頑張ります。

006_20141203182213fc1.jpg


スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。