船橋市で地域ねこ活動を行っています。詳しくは本家HP「ふなばし地域ねこ活動」をご覧ください。
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年12月09日 (月) | 編集 |
12月1日のニャンポジウムは、
寒さのせいか、広報が少なかったせいか
はたまた12月と言う時期のせいか、
参加者は少なかったのですが、
ディープかつ大型の相談が舞い込み、
セミナーを行なって本当に良かったです。

セミナーで相談者にお会いできなければ、
それらの問題解決が先延ばしになってしまい、
ますます問題が大きくなっていた事が予想されます。

1つは「ひと気のない公園」での問題。
20匹以上は居るだろうとのこと。

活動が何とか軌道に乗るよう、
ふなねこがバックアップしていきます。

もう一つは「高齢者が猫を増やしちゃってる」問題。

たった1匹の母猫にエサを与え、手術をしないで来たら…
総勢12匹になってしまったとのこと。

(しかも母猫は行方不明…。子猫が子猫を生んで12匹です)

80代くらいのご夫婦が、どうにもできず
悩んでセミナーにお越しになりました。

TNRを進めていけるよう、ふなねこがバックアップしていきます。

neko
(写真と本文は無関係です)
__________________________________

【大問題の電話相談】

ある方からのご紹介で、
チャキチャキした話し方のQさんと言う方から相談を受けました。

「自宅の外と、仕事場でエサやりをしていて、
少しずつ手術は進めているけれど、全頭終わっていないので、
徐々にまた増えてきている。

自宅庭と仕事場どちらも手術したいので捕獲器を貸してくれ」


始めは「比較的簡単な相談かな?」と思ったのですが、
Qさんの状況を深く聞いてみると…。

①、車はない
②、アパート住まい
③、そのアパートの一室+外の物置+外のケージで、20匹以上の猫を飼育
④、今問題になっている母猫の子猫をまた数匹、ケージまたは家に入れる予定
⑤、子猫が馴れなかったら外に出す(数か月の保護)
⑥、ただいまご本人…60代半ば

言葉は悪いのですが…「ツッコミどころ満載」状態です。

まず①。
車がないと言う事は手術の搬送は誰がするのか?
と言う問題にぶち当たります。

それに対しては「ご近所や仲間に手伝ってもらってください」
と、お答えしました。
今までも手術してきた人なので、
そこはご自身でも問題にしていないようでした。

そして②、③について。

「アパートと言う事は、飼育不可ですよね?そこで20匹も飼育しているんですか?」
と言うコチラの一言で、Qさんの様子は一変しました。

「いや!アパートの中だけってわけでもなく、
 外の物置やケージで飼っているから大丈夫!」

・・・。

大丈夫!?大丈夫って何が!?

これは捕獲器を貸すだけという単純な話ではなく、
Qさんの猫に対する考え方から、話し合う必要があると判断しました。

「あのねQさん。
 飼育不可のところで飼ったら、いつ追い出されるかわからないよね。
 あと狭いところで20匹ってね、猫も相当ストレスだと思うんですよね。
 ケージに入れたら一生ケージなんでしょう?猫の幸せってなんだろうね?って話です。

 しかも外って、外にケージ置いているんですか?
 Qさん、もうね、猫を保護しないでください。

 猫の飼い方について、考えましょうよ。」


「そんなこと言ってたら、猫なんか飼えないよ!!!」

「あのね、そこを考えないようじゃ、猫飼っちゃダメだと思うよ。
 Qさん、6☓才でしょう?
 あと20年猫が生きたら、Qさんいくつ?」


「大丈夫!まだ仕事もバリバリやっているし、私は大丈夫!」

「そういってね、高齢者が飼育放棄してて大問題になってんの。
 みんな処分してくれってセンターに持ち込むんだよね。
 だからね、もうこれ以上保護しないで、地域ねこになるようにして欲しいんです」


「私はそんなことにならないから大丈夫!もういいわ!もう頼まない!」

「あのね、Qさんを責めているんじゃないんだよ。心配してんの。
 だってね、この後アパート追い出されたり、病気になったら、
 Qさんだって猫だって困っちゃうでしょ」


「もういいです!」

ガチャン

036_20131209140534227.jpg
(ちょっとここでクールダウン。
 …おわかりとは思いますが本文と写真はまったく関係ありません)

電話を切られてしまったので、
紹介者であるZさんに電話をし、
Qさんに、Zさんからもアドバイスするようお願いしました。

「このままではQさんが倒れてしまうし、
 倒れたら猫がどうなるかも予想できる。
 ご近所でも問題になっているはずだから、
 Zさんからも注意してあげてください」と。


Qさんは、今まで一人で頑張って
保護したりTNRしたりしてきたんだと思います。

(↑↑↑ ゆっくり話ができなかったので、あくまでも想像ですが)

だけど個人で活動するには限界があると思うのです。

(個人活動を非難しているわけではなく、現実的に誰にでも限界はあるという意味)

限界を超えた活動は、いつしか破たんし
猫に被害が及びます。

高齢者の飼育放棄が問題になっている一番の原因は、
高齢者自身の問題意識が低いことではないでしょうか。

高齢者にとって犬猫は心を慰める伴侶動物として、
家族として必要なことは重々承知していますが、
高齢者や人間側の都合ばかりを重視してもいけません。

犬猫はおもちゃじゃありません。

喜びや悲しみを感じる命なのです。


飼いきれるのか?世話しきれるのか?

できない?

ならば、どうしたらできるようになるのか?

誰かの手を借りたい?
ご近所?親族?ボランティア?団体?

ならば、みんなの意見も受け入れなければ。

自分だけの意見や都合に固執して、
せっかく差し伸べられようとする手を振り払ってしまったら、
誰も助けられません。

年配者に対して、失礼かとは思いましたが
意見させていただきました。

被害者はいつでも弱きものです。

ushi
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。