船橋市で地域ねこ活動を行っています。詳しくは本家HP「ふなばし地域ねこ活動」をご覧ください。
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年11月29日 (金) | 編集 |
【ふなばしニャンポジウム開催します!】

20131201
(クリックで少し拡大できます)

日時:平成25年12月1日(日)1時受付 1時半スタート 終了4時半

場所:船橋中央公民館 第二集会室

船橋市動物愛護指導センターのガイドラインの説明、
地域ねこ活動の具体的な進め方、
実際に行われている活動事例報告などを予定しています。

そのあとは、野良猫なんでも相談会!
日頃の心配事や、わからないこと、お困りの事を
みんなで一緒に考えていきます。

フリートークでわいわい皆で考える相談会です。

皆さん、師走になりますがぜひお越しください!
___________________

【2つの自治会での地域ねこ活動説明会】

前回の記事でお知らせしていました「2つの自治会での説明会」が
無事終了しました。

一つ目は住宅街にある小規模な自治会です。
2年ほど前にも自治会側から説明の依頼があり、
少人数の役員さんの前で、
センターと共に説明を行なったことのあるところです。

しかしその説明の後、自治会として地域ねこ活動を行なうことは無く
野良猫問題はそのままになっていました。

今年の秋口にその場所を通りかかった活動家さんが
(活動家さんはこの自治会の住民ではありません)
野良猫の多さにビックリして、当会に相談してきました。

活動家さんも「出来ることは協力する」とおっしゃってくださった事もあり、
この自治会に再度接触し、地域ねこ活動の実施を促しました。

自治会のお返事は、地域ねこ活動の「実施」ではなく、
「勉強会の開催」でした。

そこで再度センターと共に自治会に出向き、
活動の説明を行いました。

2度、地域ねこ活動の説明を行なっているのですが
実施に至らないワケは…。

自治会長さんは
「住民が年配者ばかりで、活動を積極的に行えないから」
と、おっしゃいました。

しかし70代でも80代でも
頑張って活動されてる方はたくさんいらっしゃいます。

しかも今回は若い活動家さんの協力を得られる状況にまでなっています。
それでも活動をしないと言うのは…なぜでしょうか。

要は「解決する気があるか、無いか」なのではないでしょうか。

それとも…活動するほど困っていないのか…。

住民たちの野良猫問題への意識が問われています。

この地域が活動を始めることになったとき、
またレポートしていきたいと思います。

2つ目の自治会は大型団地での活動説明会です。

ここではすでに2つのグループが地域ねこ活動を実践しています。
そのグループの簡単な活動報告も兼ねての勉強会です。

この勉強会は、当会と活動グループさんから
自治会に要望して実現した会合です。

実現までの流れは以下の通りです。

・実施グループから当会への相談
・自治会へのグループ・当会連名による要望書の提出
・自治会役員への説明(センター、グループ、当会参加)
・自治会から住民への勉強会の広報(回覧板)

kairan
【自治会が回覧してくれた印刷物→クリックで少し拡大できます】

このような経過を経て、11月27日、地域ねこ活動勉強会が開催されました。

jichikai
【勉強会の様子】

当日は20名以上の住民が参加しました。

センターから住民に対し、
船橋市のガイドライン、助成金の説明および活動協力要請が行われ、
当会からは地域ねこ活動の考え方、実践方法などをお話しました。

団地はペットの飼育不可ではあるが、
野良猫問題とペット問題は全く別のものであること、
問題があればそれは解決しなければならないことなどを
お話させていただきました。

参加した住民のほとんどが
野良猫を不憫に思い、なんらかの救いの手を差し伸べている方ばかりでした。

手術を実施している人、可哀そうだからとエサを与えている人、
飼ってはいけないとわかっては居るが…仕方なく野良猫を保護している人、
里子に出している人、すでに地域ねこ活動を始めている人…。

それぞれの方が異口同音に話すのは、
団地管理会社や自治会が地域ねこ活動を認めてくれないと活動できない(しずらい)」
「ペット飼育可にしてほしい」…でした。

今回は「地域ねこ活動を知るため勉強会」でしたので、
ここで「自治会が地域ねこ活動を推進します!」とか
「団地管理会社は応援します!」という答えを求めることは出来ません。

しかしこの後、活動グループさんから自治会に対し
「活動支援の要望書」が提出される予定です。

その要望書をもとに自治会で話し合われ、
その結果をもって管理会社に対しての要望も行われることになると思います。

こちらの勉強会では、
今後自治会が地域ねこ活動を認め、支援していくのではないか…と
思われる手ごたえを感じました。

すでに活動している住民も居ますし、
今後も活動する人がどんどん増えていきそうな手ごたえも感じています。

すぐに答えが出なくてガッカリしてしまう人もいると思いますが、
なんでも一足飛びには解決できません。

一歩一歩…進んでいくしかありません。

地域ねこ活動が広がっている手ごたえはしっかり感じています!!!

地域で頑張る活動家さん達、あとひと踏ん張りです。
一緒に頑張って行きましょう。

shiro

皆さん、ニャンポに来て地域ねこ活動を知ってください!

応援してください!お願いします。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。