船橋市で地域ねこ活動を行っています。詳しくは本家HP「ふなばし地域ねこ活動」をご覧ください。
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年07月29日 (月) | 編集 |
以前、飼い主が施設に入ってしまったために取り残された猫、
ロンちゃんの話を記事にしました。

~以前の記事はコチラ→「ひとりぼっちのロンちゃん」~

ロンちゃんはその後どうなったのか?
と言うご心配の声をいただきましたので、
ロンちゃんの近況(ふなねこFacebookに投稿している記事)を
ブログでも掲載したいと思います。

~以下、ふなねこFacebookより転載(修正有)~

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ron1

この猫はロンちゃんと言います。

飼い主さんが認知症を患い、
ロンちゃんを置いて施設に入ってしまいました。

飼い主さんの御宅を出入りしながら、今も生活しています。

... 民生員さんからのSOSで、
ふなねこメンバーが週に一度餌やりをしに行きます。

民生員さんは週に何度か来て、
飼い主さんの家のネコトイレを清掃したり、餌やりをしているようです。

あとはご近所さんにエサをもらっています。

ロンちゃんは年寄り猫です。
ガリガリに痩せているのは、年のせいだと思います。

我が家に保護してあげたいけれど、
これ以上、経済的にもロンちゃんの保護は難しい…。
もちろん他のふなねこメンバーも保護はできない。


ただ救われるのは、ロンちゃんは自由に歩ける地域があること。
誰もロンちゃんを虐めない。地域猫になってる。

寒い日には逃げ込める家もある。
他の地域猫や野良猫からしたら、だいぶ恵まれてる。

以前のロンちゃんは、
帰らない飼い主さんを門の上に座って待っていました。

最近は飼い主さんは帰らないと悟ったのか、門の上に座りません。

ロンちゃん、また会いにくるよ。元気で。【7月23日】

ron2

【7月25日】

昨日の夜、近所の地域猫活動の現場にロンちゃんが来ました。

... 餌やりさんと私とで、ロンちゃんを家まで送りましたが、
またついてきて、また送る…を二回繰り返しました。

ついに帰らず、エサ場に座り込んだので、
他の猫たちにロンちゃんを任せて帰りました。

ロンちゃんは猫たちの輪に入らず去る事が多かったのですが、
なんとか混じれるようになりました。

とても良いおじいちゃん猫なので、他の猫からイジメは受けません。

ただ…おじいちゃん過ぎて?相手にもされません。
そこがちょっと可哀想ですが。

ron3

~その後…ロンちゃんは毎日のように近所のエサやりさんの
 地域猫活動現場(市の登録済み)に遊びに来るそうです。
_____________________

船橋市は順調に猫の殺処分数を減らしてきました。
そのことは以前、記事にしたことがあります。

しかし平成24年度の集計をしてみると、
殺処分の数が増えてしまっています。

船橋市は地域猫活動を推進し、活動を行うボランティアさんも着実に増えている。
それなのになぜ今、処分数が増えてしまったのか???

それは船橋市だけでなく、全国的に問題になっている
あの現象が原因ではないか?と、気が付いたのです…。

以下、次号にて。

ron4
【ロンちゃんの背中】
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。