船橋市で地域ねこ活動を行っています。詳しくは本家HP「ふなばし地域ねこ活動」をご覧ください。
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年12月28日 (金) | 編集 |
今年もあと数日を残すのみとなりました。

ふなねこを発足してからと言うもの、
ますます月日の経過が早く感じられるようになりました。

今年もいろんな活動を通して、多くの猫と出会いました。

ここにはすべて書ききれないのですが、
どんな猫と出会ったのか、少し振り返ってみようと思います。

【盲目の猫:のんちゃん】

nonchan2

のんちゃんを知ったのは、ある相談電話でした。

「○○町に盲目の猫が居る。可哀そうなので何とかしてあげてくれないか」

何とかしてくれと言われても、ふなねこでは保護は出来ません。

相談者自らが動く意思のない場合は、
残念ながら、ふなねこではお力にはなれないのですが、
たまたま、その付近の餌やりさんと知り合いでしたので、
餌やりさんに状況を聞いてみることにしました。

その付近の餌やりさん曰く、
「ある人に餌はもらっているけれど、手術できていない。
 目が悪いのにふらふら歩きまわっている。
 オスに追っかけられて、何度も子供を生んでいるけれど
 育てられていないようで、子猫は皆死んでいる」
という情報をもらいました。

その後、またのんちゃんに関する相談を別の方からもいただきました。
しかしその方も、ご高齢という理由から、ご自身では動く様子がありませんでした。

そこで隣町に住むふなねこメンバーOさんが、
のんちゃんの様子を見に行き、
のんちゃんに餌をあげている方と直接コンタクトを取りました。

こんな姿になってもオスに追いかけられ、子供を生み
育てられていないことは、のんちゃんにとっても子猫にとっても
ご近所にとっても不幸であること、
手術をすれば、のんちゃんもご近所も助かるという手術の必要性を
Oさんは根気強く餌やりさんに説明しました。

Oさんは餌やりさんから手術の承諾を得、
術後ものんちゃんのお世話をしてもらえるという
約束を取り付けました。

手術をした時、のんちゃんは妊娠していたそうです。

のんちゃんの今後を考え、Oさんは町会に掛け合い、
町会の役員会の席で、参加者の皆さんに
「のんちゃんを見守ってあげて欲しい」旨をお話しました。

そしてのんちゃんを野良猫から地域猫にするために、
船橋市に団体登録しました。

こうして色んな人に心配されていた「のんちゃん」は
野良猫から地域猫になっていきました。

今、のんちゃんは手術をした為か、外に出歩く事はなくなり、
世話してくれている餌やりさんの広いお庭に作られた猫ハウスで
のんびり暮らしているそうです。

【ご近所に持ち込まれた子猫:びーちゃん】

ふなねこは原則保護はしておりません
しかし、ある日突然、ご近所さんに子猫を持ちこまれたら…。

beeeeeeee

子猫を育てた経験のない方が、育てられるような大きさではありませんでしたし、
こちらが引き取らなければ、元の場所に戻すような事をおっしゃるので、
(母猫が居るかどうかも不明でした。一匹だけ道路に横たわって居たそうです)
他に方法もなく、保護する事になりました。

お腹の弱い子猫でした。何度も何度も病院に通いました。

それでも大変元気な子猫で、食欲も旺盛ですくすく育ちました。
よく「びーびー」鳴いていたので、名前はびーちゃんと名付けました。

bee


応援してくれたメンバー、里親探しをしてくれた猫仲間のお陰で
素敵な里親さんに巡り合い、元気に卒業していきました。

ここでふなねこからのお願いです。

捨て猫を保護された方は、ご自身で育てて、里親さんを見つけてください。
ふなねこメンバーは、自身が関わった猫で、保護が必要な猫以外は保護していません。

「保護依頼のメールにはお返事しません」とHPにも記載しているにも関わらず、
名前も明記せずに保護を依頼してくる方が居ます。

「なんとかしてやりたい」と考えた方が、行動してくださるようお願い致します。
猫をたらい回しにしないでください。

きつい物言いになりましたが、ご理解のほど宜しくお願い致します。

【西船橋駅付近に居た:ニャン太】

その猫は駅の付近に住んでいた猫でした。

9月…まだ暑さの残る中、だるそうに横たわり、
高齢なのか栄養不良なのか、毛並みは乱れ、
口からはヨダレをたらし、ガリガリに痩せている猫でした。

nyanta2

ご近所の方から「ニャン太」と呼ばれていました。
人を怖がる様子がないことから、元は飼い猫だったのではないかとのこと。

「あの駅付近に可哀そうな猫が居る…」という相談を受けたメンバーは
地域住民に活動の説明をし、毎晩、餌を与え、周りを清掃し、
汚れた口元をぬぐい、なんとか地域ねこ活動を実践して行こうと努力していました。

(手術は体力が回復してから予定していました)

しかしニャン太の体調が、日に日に悪化して行ったため、
地域猫活動を諦め、自宅に保護することにしました。

「八割れ、尾長で立派な大きな猫が、ここまでボロボロになった姿を見ると、
 ニャン太の生活が悲惨なものだったことを想像します。」

ニャン太はどんな生活を送ってきたのでしょう。
この姿が、野良猫の生活の壮絶さを物語っているようです。

寒くなる前に保護されたニャン太。
エイズキャリアと判明。
毎日、くしゃみと共に血を飛ばすそうです。

でも、保護されて数日でこんなに綺麗になりました。

nyanta

暖かい部屋で年を越せる事が、
ニャン太の弱った体にとって一番の薬になったようです。

「ニャン太を心配してくださった皆さん。
 今でもちょっと体調は良くないけれど、幸せに暮らしています。」


保護したメンバーからの伝言です。

_____________________

【地域猫活動・お勧め記事】

いつもふなねこを応援してくださっている「やまねこさん」からのお勧め記事です。
地域ねこ活動がきちんと理解されていて、わかりやすい文章にまとめられています。

皆さんもお時間のある時に、是非ご覧ください。
*ネット上の記事はすぐに削除される場合が多いので、お早めにご覧ください。
   ↓
「時事ドットコム:猫の殺処分を減らすために」

_____________________

今年も大忙しの一年でした。
動物愛護指導センターとの協働に力を入れた年でした。

地域ねこ活動を啓発・推進・実施するために、
沢山の自治会にお邪魔しました。

その成果もあり、船橋市に団体登録している市民グループの数が
28団体まで増えてきました。

ふなねことセンターが、各地域を回って、活動を啓発していても、
「地域猫?なにそれ?」と言うような言葉は、聞かれなくなったように感じます。

それもこれも、今まで活動を頑張ってくださった皆さんのお陰だと思っています。
地域のための活動、誠に有難うございます。

少しずつ広がりを見せている地域猫活動で、
市内には、自治会単位で団体登録している地域もありますが、
その他は本当に少ない人数で、コツコツ行なわれている活動です。

もっともっと多くの方からの理解と協力が必要です。
来年もふなねこは頑張りますので、変わらぬご支援を宜しくお願い致します。

本年もご支援有難うございました。皆さん、良い年をお迎えください。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。