船橋市で地域ねこ活動を行っています。詳しくは本家HP「ふなばし地域ねこ活動」をご覧ください。
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年12月17日 (月) | 編集 |
【里親決定!】

tsubaki

名前:椿ちゃん 可愛い女の子

ある公園に捨てられました。人馴れしているので里親募集します。
生後4~5カ月。2キロほどありましたので、不妊手術済み。
血液検査もすべて陰性とのこと。

性格は人間が大好き!でも他の猫との相性は未知数…。
とのことですので、日中にどなたかが御在宅であれば、
一匹飼いが良いのかもしれません。

今はある施設で保護されているとのことです。
里親希望者さんには里親アンケートの実施、誓約書へのサイン、
飼育環境を拝見するお宅訪問などのご協力をいただいております。

保護主はふなねこではありませんが、保護主さんに取り次ぎますので
里親希望者の方は、ふなねこまでご連絡ください。

メアド vines2004jp★yahoo.co.jp (★を@に代えてください)

椿ちゃんが温かい家庭に迎えられますように!

椿ちゃんは里親が決定しました。応援有難うございました。
__________________

【荒川区~台東区を歩いてみました】

テレビでも何度も「猫町」として紹介されている、
荒川区~台東区のある商店街をメンバー4人で訪ねました。
人と猫とが上手く共生できているような印象の情報だったので、
どんな町になっているのかを見て歩きたかったのです。

mike

早速何匹かの猫に出迎えられました。
猫を見かけると「V字カットされているのか」が気になるメンバーです。

arakawaku

なるほど…どこの町にも無責任にエサを与える人が居るようです。
そしてそれに迷惑を感じている人が居る事も、この看板からわかりました。

arakawaku2

この看板は「悪臭!鳴き声!迷惑!」が前面に出ており、
地域ねこ活動に対する協力要請が、後ろに隠れてしまっている印象です。

これでは「野良猫=迷惑な存在」としてしか認識されないように感じます。
果たして上手く共生できているのか、ちょっと不安になる看板です。

もう少し歩いて行くと、
猫グッズや猫にまつわる商品を置く店が多くある商店街に付きました。

kuroneko

この黒猫はとても人に馴れていて、
カメラを構えるとポーズと取っているかのようでした。

kuroneko2

そして同じ黒猫は、「ココが僕の寝床です」と案内してくれました。
シャッターの閉まった店の前にあった猫ベッド。
この子は可愛がられているようです。
瞳もくりくりと大きく、人を信じているような目です。

果たして他の猫にも同じような管理がなされているのでしょうか。

toraneko

人に馴れていない感じの猫も多く居ました。
睾丸も付けたままで手術されていませんでした。
三毛やサビと言ったメス猫の手術はどうなっているのか心配です。

この商店街は「猫と共生している町」としてテレビで紹介され
多くの観光客を呼んでいます。
猫を人間側が利用させてもらうのであれば、
手術やエサやり、糞尿の始末などの管理を行ない、
猫たちが安心して住める町であって欲しいと思います。

そこで荒川区の施策を見てみました。

荒川区HPはコチラ

一時期は「エサやり禁止条例」というおかしな条例で
全国的に物議をかもした荒川区ですが、
野良猫対策としては船橋市と似たようなものを打ち出し
地域ねこ活動を支援しているようです。

荒川区議の小坂英二さんのブログにも
荒川区で頑張るボランティアさん達の様子が見て取れます。

小坂英二さんのブログはコチラ

どこのボランティアさん達も必死に頑張っています。
ですが、それを地元住民や行政がしっかり支えていく体制が取れているでしょうか。
ボランティアばかりが頑張っている地域は、野良猫問題の解決が難しいのです。

一日も早い解決のためには、苦情を言うだけの方々にも手伝っていただきたいのです。
ボランティア達が活動しやすい雰囲気作りをお願いします。
_______________

さて歩き疲れたメンバーがたどり着いたのは、
台東区にある「猫カフェ ねんねこ屋」さん。

レトロな佇まいがホッとさせてくれます。

店内には猫グッズが所狭しと並べられ、
その先には炬燵も置かれた猫カフェがありました。

皆で美味しく猫カレーをいただきました。
猫カレー

デザートの白玉が猫の足裏になっていました。

猫の手白玉

細かいところまで猫・猫・猫。
オーナーさんの心意気が伝わってきます。

スープもカレーもデザートも美味しくいただきました。

世界中の猫が幸せに暮らせる事を祈った一日でした。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。