船橋市で地域ねこ活動を行っています。詳しくは本家HP「ふなばし地域ねこ活動」をご覧ください。
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年11月06日 (火) | 編集 |
ある町会で「ミニ地域ねこ活動勉強会&活動報告会」が行なわれました。

こちらは「猫好き旦那の地域猫対策ブログ」を開設なさっている、
船橋市内にお住まいの「(HN)猫好き旦那」さん主催による会でした。

町会の協力を得て、回覧板や掲示板で開催の広報がなされたお陰で
活動に関心のある方々、野良猫にお困りの方々に集まっていただけました。
町会長さんも参加してくださいました。


*会の様子を猫好き旦那さんも自身のブログにアップされています。
  ↓
「町会(セミナー)に参加してきました」(猫好き旦那の地域猫対策ブログより)

kaigi

ふなねこからの地域ねこ活動についての説明、
猫好き旦那さんからの「自身の地域ねこ活動」と「保護猫活動の様子」の発表、
そして町内における野良猫問題の相談が行なわれました。

集まってくださった方の中には、野良猫の糞尿、庭アラシにお困りの
A、B、C、Dさんがいらっしゃいました。

A~Dさんすべて、すぐ近くにお住まいで、
その地域に住む野良猫から受ける被害に悩んでいらっしゃるそうです。

Aさんのお隣がエサやりさん。
お隣さんはかなりのご年配で、エサをあげるだけが精いっぱいの様子。
手術を薦めてみても、費用面、体力面を考えると…、
お一人ではどうにもできないようです。

そこで、そのエサやりさんの近くに住む方々が
解決のためのヒントを得ようと、このセミナーに参加してくださいました。

ご近所さんは、猫が嫌い、野良猫に被害を受けている方々。
なぜ迷惑をかけられているのに、自分たちが協力しなくてはならないのか?という
疑問を持ちながら、我々の話しを聞いていらっしゃったそうです。

「エサをあげなくてもそこに住む野良猫は、移動しない。
 捨てられたりそこで生まれたりした猫は、縄張りの中で生きて行く。

 エサを人から貰わなくても、ゴミをあさったり、池の金魚や野鳥を食べて
 そこで生きている。
 そのような新たな被害を引き起こさないためにも、エサやりはした方が良い。

 責任をエサやりさん一人に押しつけることで、解決は遠のき、
 問題が日を追うごとに大きくなる。

 エサやりさんを責めるのではなく、野良猫は地域の問題として考えて、
 地域の皆で取り組むべきもの。

 被害を受けている側や、関心のないような人たちが
 地域の住民として団結し、協力していくことで、
 迅速に解決できるほうが良いとは思いませんか?」

その問いかけに、A~Dさんは大きくうなづいてくださいました。

とにかく一日も早く解決したい!

その思いが、猫嫌い&野良猫に困っている方々を動かしていきます。

また新たな地域猫活動グループが生まれる予感です。

kaigi2

【皆さんへ】
このようにふなねこは、地域の住民会議に参加し、
地域ねこ活動についての説明を行なっています。

船橋市動物愛護指導センターも同行し、
センターは「動物愛護法」や「市の施策(ガイドライン)」の説明を行ないます。

もし「地域ねこ活動をやってみたい!」「町内会で説明してほしい!」
と思われたら、是非、ふなねこにご連絡ください。

ガイドラインが策定されてから、ふなねこはセンターと共に
10何箇所もの町会を訪れています。

地域ねこ活動についてお話させていただけるような
「場所」「時間」さえいただければ
ふなねこは市内どこへでも参上いたします。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。