船橋市で地域ねこ活動を行っています。詳しくは本家HP「ふなばし地域ねこ活動」をご覧ください。
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年04月07日 (水) | 編集 |
お隣、習志野市には動物愛護法の執行所管がありません。

(船橋市の場合は「船橋市保健所(動物愛護指導センター)です)

習志野保健所は、「千葉県の出先機関」になります。

(習志野保健所は習志野市、八千代市、鎌ヶ谷市を管轄)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

では、市に主務所管がないと困ることは何でしょう。

・町内会などの住民組織で「地域ねこ活動」を行おうとした場合、
町内会をまとめたり相談に乗るのは、市の役割。
(例:船橋市では自治振興課です)
県は、市を差し置いて町内会への働きかけをしません。

・事業所やマンション管理組合などは、税金や立地の兼ね合いから、
 県や市のどちらかが納めています。
 市が管轄しているその地域の事業所が
「地域ねこ活動やろう!」と考えた場合、
 市にその窓口(動物愛護法執行主務所管)がないと、
 どこに相談したら良いのか?という問題が発生します。

・環境省の定める「動物愛護及び管理に関する基本指針」の中で、

~ 関係地方公共団体との協議~

また、動物の愛護及び管理の普及啓発、
地域住民に対する直接的な指導等では、
すべての市区町村においてその役割が期待される場合もある。

このため、より計画の実効性を高めるために、
計画を策定し又は変更しようとするときは、
あらかじめ関係市区町村の意見を聴くものとする。


と有ります。

要するに「(県が)市町村の意見を聴く・・・」とあっても、
習志野市には動物愛護の主務所管が「ない」ので、
誰が(習志野市のどの課が)県に意見を言うのか?が
定まっていないのです。

悩める市民が習志野市に相談に言った時、
市はその相談を受けとめる機関がないということになります。

自発的に「地域猫活動をやりたい!」と思う市民が居ても
それらを受け止め、一緒に協働していく行政機関が
「習志野市にはない」のが問題なのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

アニマルウェルフェア連絡会さんが、この問題に対し
習志野市長あての署名をお願いしています。

詳しくはコチラをクリック

この問題は、習志野市だけのものではありません。
あなたの住む市には「動物愛護法執行主務所管」がありますか?
どの課が担当していますか?

不明な場合は、自分の住む市に一度問い合わせてみてください。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。