船橋市で地域ねこ活動を行っています。詳しくは本家HP「ふなばし地域ねこ活動」をご覧ください。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年10月22日 (火) | 編集 |
先日、相談が入りました。

「数年前から数匹にエサやりをしていたら、猫が増えてしまった。
 手術をしたいので、手伝ってほしい」

猫の数を聞いてみたら、15匹ほど世話しているとのこと。

そのようなお答えの場合、20匹は居ると思ったほうが良いので、
すぐに現場に駆けつけてみました。

neko1

居ます…。

neko2

居ます…。

koneko

生後1か月にもならない子猫も…数匹。

庭が広く、草が生い茂っています。
糞尿の臭いもとてもきつい現場です。

家の中を出入りさせている猫も数匹居るとのこと。
地域猫の手術ではなく、このお宅の猫の手術をお手伝いする感じです。

猫データを取ったら、総勢24匹。

個体管理ができていない餌やりさんは、猫の数を把握していないばかりか、
当会に少なく申告してくるのがほとんどです。

子猫が生まれたことにも気が付いていなかったそうです。

neko5

すぐにTNRを開始。

neko3

neko4

この日は4匹のTNRでした。

(一気にTNRしたいところですが、受け入れ病院の体制や
 エサやりさんの懐具合と相談しながら行います。)

今後は毎週ここに通って、全頭手術を実施します。

餌やりさんは言います。

「早くに手術しておけば、増えなかったのよね。
 なんだか手術するのも可哀そうかなって。」

「でも、生まれて死んでを繰り返しているんですよね?」

「そうなのよ。死んじゃうのよね。」

koneko2
【目を開けてこの世界を見る前に、亡くなってしまった子猫】

こんな可哀そうな子を、増やさないでください。

良かれと思ってエサを与えてくださるなら、
猫のその後のこと、ご近所のことも考えてください。

猫が増えれば、エサ代、手術費用も莫大に膨れ上がるのですから。

高齢者が増え、自分でTNR出来ない人たちが
ますます増えてしまうのだろうなと予感しています。
スポンサーサイト
2013年10月14日 (月) | 編集 |
9月1日から始まった「カンパイチャリティー」ですが、
9月31日までのご寄附が6,841円もいただきました。

tonhati


柏駅とん八様、一般社団法人RENSA様
とん八さんでお食事してくださった皆様、
店内の募金箱にご寄附くださった皆様、...
ご協力、誠に有難うございました!!!

いただきましたご寄附は、地域ねこ活動の
推進・啓発・実施に役立たせていただきます。

誠に有難うございました。

10月1日からも引き続きご支援いただいております。

皆様、柏駅にお越しの際は、
ぜひとん八さんにお立ち寄りください。
_________

★カンパイチャリティー概要★

あなたの飲食代の一部が、犬と猫と人間が...
共に幸せになる為に活動している団体に寄付されます。

<寄付先団体>
NPO法人 ふなばし地域ねこ活動 ※愛称(ふな猫)
http://npofunaneko.jimdo.com/

キーワードは「RENSAレンサ応援してますー!」か、
「ふなねこ応援してます〜」です。
言っていただいたお客様には、ドリンク一杯無料になります。

柏に来る際は、お気軽にお立ち寄りくださいね(*^_^*)!
柏駅でお食事するなら、ぜひご協力くださいませ〜。m(_ _)m


チャリティー協賛店---------------------
韓国家庭料理 三段バラ肉のお店 
みんなでワイワイ^^! デートでしっとり^^!

★とん八<屋台風韓国料理のお店>★ 
http://kashiwa-tonpachi.com/

柏駅西口から徒歩4分 年中無休 
営業時間
月曜日~土曜日 17:00~24:00
日曜日   17:00~23:00
_______________

★一般社団法人RENSA★
http://rensa.or.jp/

_______________

chatora

皆様、ご協力有難うございました。
2013年10月11日 (金) | 編集 |
千葉県がいよいよ動物の愛護や管理に関する条例を作るようです。
動物たちの今後に大いに影響ありなので、
皆さん、ぜひ参加してください。

【千葉県HPより】

飼育動物の愛護への関心と理解を深めるとともに、
動物愛護や適正な管理に対する県の取り組みなどについて
知っていただくための催しです。

日時 11月2日(土曜日)14時~16時30分
会場 千葉県教育会館大ホール
(JR外房・内房線本千葉駅から徒歩12分)
【地図の載ったチラシはコチラ】

内容:講演「改正動物愛護管理法と県条例について」

   動物愛護推進員活動報告、パネルディスカッションほか

定員 300人(申込先着順)

申込方法 参加希望者全員の住所、氏名、電話番号、
ファクス番号またはメールアドレスを書いて
ファクスまたはEメール。電話申込可

※応募多数で参加いただけない方のみ連絡します。


問い合わせ・申込先 県衛生指導課
TEL 043(223)2642 FAX 043(227)2713
Eメール eisi3@mz.pref.chiba.lg.jp
HP http://www.pref.chiba.lg.jp/sc/131003

_____________________

ushi

【ある地域ねこ活動の現場】

ふなねこが結成される前から活動しているYさんと言う方が居ます。

船橋市に「地域ねこ活動」と言う言葉もない10年以上も前から、
公園の猫たちにエサやり、不妊去勢手術し、
フンの始末を行なっていました。

ふなねこに参加してくれた当初、公園の猫たちは15~6匹居ました。
(7年前です)

それが今ではたった5匹。
しかもその5匹は活動当初には居なかった猫ばかり。

活動当初に居た猫たちは、ほぼ亡くなってしまいました。
(里子に出した猫も居ます)

shiro

公の場所には捨て猫があります。
看板を立てても、動物愛護法の罰則が厳しくなろうと
捨てる人間が後を絶ちません。

なのでYさんの活動が終わらないのです。

suteneko

中には首輪をつけたまま捨てられた猫も…。
「飼い猫は家に入れて飼育してください」と言う
メッセージを首輪につけたのですが、
猫を家に入れてくれるどころか、
首輪ごと取られて、放り出されてしまいました。

mike

Yさんも後期高齢者になってしまいました。
いつまで活動が続けられるかわかりません。

地域の人々にチラシを撒いて、ボランティアさんを募集しているのですが、
一組の親子が参加してくださったのみで、
多くの方に参加してもらえません。

kiji

もうすぐ、「地域で頑張る活動家さんたちの高齢化」
大問題になると思います。

若者の皆さん。

活動への参加を御願い致します。

chashiro

2013年10月02日 (水) | 編集 |
ふなねこによく寄せられる相談は、以下のものがベスト3だと思われます。

悲しき第一位
【野良猫が子猫を生んでしまった。どうしたら良いのか?】

「エサをあげていたらその子が子猫を生んだ」という場合と、
「猫が我が家の庭で子猫を勝手に生んでしまった」の2つに分かれるようです。

どちらの場合も、「ふなねこでは猫を保護してくれないのですか?」と続きます。

HPでもブログでも広報パンフレットでも、
「ふなねこは保護、レスキューはしません」と記載しているのですが、
愛護団体に対する期待(という名の幻想)は根強いようで、
未だにそのような相談が後を絶ちません。

ふなねこは地域ねこ活動に特化した団体です。

現場の猫を致し方なく保護せざるを得ない場合もありますが、
保護してしまうと地域ねこ活動を続けるのに支障が出たり、
経済的、肉体的、精神的に負担が重く圧し掛かってしまうため、
原則保護はしていません。

子猫が生まれてしまったら、子猫がドライフードを食べられる頃まで待ち
(だいたい子猫が生後2か月になったら)母猫を手術してあげてください。

そして子猫もメスが生後半年、オスは7~8か月になったら
順次手術してあげてください。
そしてエサはきちんと与え、糞尿の始末やトイレの設置をして、
ご近所に活動の説明を行なってください。
船橋市では手術費用の助成も行っています。


…と、ふなねこでは、どのような方が相談してきても同じ返事をします。

猫を好きであろうと嫌いであろうと、関心があろうとなかろうと、
野良猫問題で困っている地域の住民であるならば、
どんな人が活動に着手しても良いのです。

自分たちの問題なのですから。

neko


嬉しい第二位
【地域ねこ活動を始めたい!】

これは一番嬉しい相談です。
地域ねこ活動を始めるにあたって、相談者がどのくらい活動できるのか、
現在の様子などを詳しく聞いて、活動が軌道に乗るまでのアドバイスを行います。

地域ねこ活動と言っても、十人十色。
地域によって活動のパターンが変わってきます。

ふなねこやセンターが現地に出向き、住民の皆さんと話し合うこともあります。
町会などでの話し合いまで行ければ、安心して地域ねこ活動が行なえます。

hanashiai

これまた嬉しい第三位
【捕獲器を貸してください、協力病院を教えてください】

猫が増えないよう手術したいという方が、
ふなねこに問い合わせの電話を寄せてくれます。

猫にエサをあげている人、
その近所に住んでいてTNRを協力したいという方などが主です。

時折、「たまたま見かけただけだが、ほっておけないのでTNRしたい」
と言う相談も入ります。

その場合は、勝手に手術したりせず、
その猫たちを世話しているエサやりさんや
ご近所の方ときちんとお話合いをした上で、
協力していくよう、その方にアドバイスします。

野良猫を見かけたら、何でもかんでも手術をすれば良いのではないのです。

本来であればその地域の人たちに「自分たちの問題として活動してもらうこと」
地域ねこ活動です。

たまたま見かけた野良猫を不憫と思い、
何とかしてあげたいと思ってくださった方には、
「地域ねこ活動を知らない、TNRすら知らない住民」に
「野良猫問題の解決策として地域ねこ活動と言うものがある」と啓発しながら、
活動がスムーズに行くよう手助けをして行くと言う立場であって欲しいのです。

natsuko
(里親募集中の夏子嬢。生後4か月になりました。)

ふなねこには毎日、いろんな相談が舞い込みます。

猫の飼い方、里親の探し方…。

皆さん、野良猫を不憫と思ってくださる方ばかり。
相談を寄せていただき有難うございます。

shiro

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。