船橋市で地域ねこ活動を行っています。詳しくは本家HP「ふなばし地域ねこ活動」をご覧ください。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年08月31日 (土) | 編集 |
一般社団法人RENSAさんのご協力により、
柏市の「とん八」様がチャリティーを行なってくださいます。

売り上げの一部を、とん八様よりふなねこにご寄附いただけることになりました。

柏駅付近にお越しの際は、ぜひ「とん八」様でお食事を!

tonhati


【カンパイチャリティー 飲み過ぎても気持ち良い】

9月1日(日)~9月30日(月) 

飲んでも食べても社会貢献!
...
あなたの飲食代の一部が、犬と猫と人間が
共に幸せになる為に活動している団体に寄付されます。

<寄付先団体>
NPO法人 ふなばし地域ねこ活動 ※愛称(ふな猫)
http://npofunaneko.jimdo.com/

「ふな猫」か「RENSA」のどちらかを店員さんへお伝えください!
カンパイチャリティー割引サービスがあります


(*^_^*)お楽しみに~♪♪

チャリティー協賛店---------------------

韓国家庭料理 三段バラ肉のお店 
みんなでワイワイ^^! デートでしっとり^^!

★とん八★<屋台風韓国料理のお店> 
http://kashiwa-tonpachi.com/

柏駅西口から徒歩4分 年中無休 
営業時間
月曜日~土曜日 17:00~24:00
日曜日   17:00~23:00
----------------------------------------


一般社団法人RENSAさん、とん八様、
ご協力有難うございます。

tonhati


スポンサーサイト
2013年08月23日 (金) | 編集 |
ふなねこメンバーが猫を保護しました。

高齢のメンバーですので、里親さんを募集することになりました。
______________________

natsuko

[特徴]
愛称:夏子 生年月日:H25.5月生まれ 
雌雄:メス 毛色:キジトラ

特徴:尾長、金目になりそう 

性格:初対面はシャーと言いますが、しばらくすると馴れます。
   生後3か月らしく、やんちゃに遊んでいます。

【健康状態及びに医療行為】
健康状態良好。ごはんもよく食べます。

ノミ取り、糞便検査、耳ダニ検査、3種ワクチン接種済み。
月齢が来たら血液検査、2回目のワクチンを接種します。

【こちらが希望する里親さん】
・ペット飼育可の物件にお住まいの方
(集合住宅は飼育許可証を拝見します)
・家族が居る方
(55歳以上の家庭、未成年者、留守がちなお宅はご遠慮願います)
・きちんと不妊去勢手術を実施してくださる方
・他に動物を多頭飼いしていない方
・完全屋内飼育をしてくださる方
・今まで掛かった医療費をご負担いただける方
(領収書をお渡し致します)

*その他の条件につきましては、メールでお話させていただきます。
 医療費につきましてもメールでお話させていただきます。
______________

【譲渡までの流れ】
①里親さんアンケートにお答えいただきます。
②双方不安なく譲渡できるまでお話合いが済んだら、お届けに上がります。
③飼育状況を拝見し、問題がないようでしたら譲渡になります。
 その際、誓約書を交わし、身分証明書をご提示いただきます。
 医療費はこの時、精算させていただきます。
④譲渡翌日、1週間後など定期的なご報告を御願いします。

*譲渡までのお話合い、お届けはすべてNPO法人ふなばし地域ねこ活動が
 代理で行います。

natsuko2

★夏子ちゃんの里親ご希望の方は、ふなねこまでメールください。
 
 vines2004jp▼yahoo.co.jp (▼の部分を@に変えてください)

natsuko3

保護主さんの膝でくつろぐ夏子嬢。
2013年08月19日 (月) | 編集 |
地域猫活動団体である「ふなねこ」は、
いったいどんな活動を行っているのか?…

今日はふなねこの日々の活動 について、
少しお話をしていきたいと思います。

neko

①電話相談の受付

「野良猫にエサを与えているが、その先の活動について知りたい」
「ご近所でエサやりをしている家があるが、どうしたら良いのか」
「子猫が生まれている、どうしたら良いのか」

などなど…毎日数本の電話相談が舞い込みます。
(多いときは十数本)

それぞれのケースに合わせたアドバイスを行っています。

②行政との協働

船橋市動物愛護指導センターとの地域猫活動の推進活動のみならず、
県内の行政とも連携を図っています。

8月の下旬には、ならしの地域ねこ活動さんと一緒に、
習志野市のクリーン推進課さんと話し合いを行う予定です。
習志野市は「猫の不妊去勢手術助成」という事業を行っています。

その所管がクリーン推進課さんです。

ふなねこ代表の清水がお邪魔するのですが、
千葉県の動物愛護推進員として、
習志野市さんと話をしていくつもりです。

nekooyako

③地域での活動

メンバーそれぞれ自分たちの住んでいる地域で、
地域猫活動を行っています。

一つの現場に数匹~数十匹います。
もちろん手術は完了しています。

エサやり、フンの始末、ご近所まわりなど
毎日活動しています。

④問題の現場への対応

相談を受けた地域に直接足を運んで、
現場を見て、ご近所の方々と話をすることも行なっています。

暑い季節の外回りは、汗が吹き出します。(^_^;)

それでも問題を解決したい!という気持ちで、前を向いて進みます。

⑤捕獲器の貸出

本日も八千代市の方が、捕獲器を借りにいらっしゃいました。

捕獲器を右から左に貸し出すのではなく、
機械の使い方、捕獲の方法、保管方法、病院への搬送の仕方、病院の紹介、
その後の活動などを事細かく、アドバイスします。

TNRのその先の活動についても、アドバイスします。

⑥広報活動

ブログへの投稿、最近始めたFacebookへの投稿、
新しいパンフレットの作成、それらの印刷などを行なっています。

新しく作成したパンフレットは近日公開します。
ふなねこHPにPDFでアップしますので、ご活用ください。

⑦賛助会員への会報発送など

継続してふなねこを支援してくださる会員様、
新しく会員になってくださった方々へ、
ふなねこ通信という会報や、資料などを発送しています。

今年の会員特典は、ふなねこクリアファイルです。

⑧事務処理

ふなねこの会計は、会計担当者が行なっています。
収支は千葉県に報告し、ふなねこHPでもアップしています。

⑨イベントの準備

次の大きなイベントは、センター主催の「なかよし動物フェスティバル2013」への参加と
市民協働課主催の「市民活動まつり」への参加です。

2つとも平成25年9月21日(土)に開催されます。

これらイベントについては、
長くなりますので別の記事でお知らせいたします。

⑩保護活動のお手伝い

猫を保護した方々に里親探しの方法などアドバイスしています。

この子はうちのメンバーが保護した子猫です。
里親さん募集しています。気になる方は、ご連絡ください。

natsuko

たぶん5月くらいに生まれた女の子です。
ワクチンなど終わっています。
名前は「夏子」です。

natsuko
【地域猫活動の現場に現れた夏子嬢。保護前の写真】

ふなねこの活動を少しでも知っていただけたでしょうか。

このほかにも色々活動を行なっていますが、書ききれません。

地域猫活動の団体は、どんな活動をしているのか、
少しでも伝えることが出来ましたらば、幸いです。

多忙のため、ブログの更新が後回しになっていることを
更新を楽しみに待っていてくださっている皆さんにお詫び致します。

頑張って更新していきますので、今後とも宜しくお願い致します。
2013年08月12日 (月) | 編集 |
船橋市では、地域猫活動の団体登録をすれば
手術費用の助成が受けられます。

地域で3人以上の活動者(賛同者)が集まれば
動物愛護指導センターに登録申請ができます。

kyoudaineko

ふなねこは、団体登録するまでのお手伝いを多く手掛けているのですが、
今回は一気に2か所の登録のお手伝いをしました。

【一つ目の場所=すぐにでも地域猫活動ができそうな地域

ここは以前、ふなねこブログの記事でも取り上げた場所です。

その班に5人ほどの餌やりさんが居て、皆で猫をかわいがっている地域でした。

でも猫の被害に困っている方もいます。

猫好きな方もこの春に生まれた5匹の子猫の成長ぶりを見て、
このままではイケナイ!と気づき、猫好きな人&困っている人が協力しあって、
地域猫活動を取り組むことになりました。

先月中に申請は出してありましたので、あとはセンター職員の視察待ちでした。
今月中には団体登録完了です。

kyoudaineko

【二つ目の場所=ご近所で問題視されている餌やりさん】

~ふなねこFacebookより(一部修正)~

ご近所さんからの通報で、野良猫にエサをやり続けるだけで、
子猫を産ませていたBさんの問題で出かけました。

Bさんは耳の遠いお婆さん。

手術を勧めても金がないの一点張りだったが、ようやく了解してくれました。
頑張って三匹分の費用を出してくれることになりました。

捕獲や病院への送迎は、ふなねこが行ない、成猫三匹の手術完了。


この春、生まれた7匹の子猫のうち、生き残ったのはたったの一匹。
生き残った子猫は、秋から冬にかけて手術予定。

さて、地域猫活動とはご近所からの了承や理解、協力を得なければなりません。

手術すればイッチョアガリではないのです。

活動の主旨説明とTNR完了の報告を兼ねたチラシを作成し、
30軒ほどのご近所回りを実施しました。

長年、誰が注意してもエサをやるだけだったBさんに対するご近所の反発は強かったです。
地域猫活動に対する住民の考えは良いものだったのですが、
Bさんに対するアレルギーがあるようでした。

ふなねこメンバーは住民たちの話を真剣に受け止め、
苦情にも耳を傾けながら、粘り強く活動の効果を説明してまわりました。

そして在宅していたご近所さんすべての方から、
活動に対する賛同の署名をいただくことができたのです。

特に町の有力者さんが賛同してくれ、
いち早く署名してくれていたことも、功を成したと思います。

これだけの方々が署名してくれたなら、
手術した猫達も安心して暮らせることでしょう。

Bさんに対して、手伝うよ!と言ってくれた人は居ないけれど、
今まで苦々しい存在だった野良猫を地域猫として見守ってくれるだけでも、
有難いことだと思います。

ご近所の皆さん、ご理解と署名へのご協力、有難うございました。

これを船橋市動物愛護指導センターに提出し、地域猫活動の団体登録をします。

そして助成金を受け取り、Bさんに子猫の手術をしてもらう。

写真は、最後に亡くなってしまった子猫。交通事故。
兄弟と遊ぶ姿が目に焼き付いています。

koneko

一つ目と同じ日にセンターが視察に来ました。

2つの地域の生き残った猫たちは、住民に見守られて天寿まっとうできそうです。
2013年08月02日 (金) | 編集 |
(~前回からの続き~)

前年度までの、船橋市の猫の殺処分数は以下の通りです。

17-24nendo

【クリックで拡大します】

*前年度からの繰り越し、負傷動物として収容された数はここにありませんが
 全体の頭数として反映されています。(24年度=負傷46頭、繰り越し4頭)
 よって24年度の収容数は460頭、うち306頭の処分と言う事で
 処分率は66.52%になります。

*殺処分数には飼養中に病気等で亡くなった頭数も含みます。
____________________________

平成21年度から23年度にかけて、順調に処分数を減らしてきましたが
24年度には…また増加しています。

これは一体どういうことなのか?

市が地域猫活動を正式に推進するようになったことや、
市内で多くの市民が活動に取り組んでいることなどからして、
収容数が減ってしかるべきなのに対し、
増えているというのは、どういうことなのか???

「23年度の収容数の少なさが奇跡だった」という意見もあります。

その奇跡の23年度を除けば、
22年度→24年度の収容数は順調に減っています。

23年度が奇跡だった…そう考えれば、そうとも取れるデータです。

しかし本当にそれだけなのでしょうか。

ふなねこメンバーは考えました。

「もしかして…市民の高齢化
なんらかの影響を及ぼしているのではないか?」と。

201308
【8月2日現在、センターで譲渡を待っている子猫たち(センターHPより)】
_________________________

ふなねこの考えはこうです。

・餌やりさんの高齢化または入院、死去により、
 管理しきれない猫が子猫を生んでいる。
・飼い主の高齢化または入院、死去により遺族が猫を持ち込んでいる。

今までもこのような状況はあったと思います。
しかし今後は益々このような状況が増えてくるのではないでしょうか。

このブログをご覧いただいている若い市民の皆さんへ。

ご近所の高齢者が抱えきれないほど猫を世話していませんか?
近所の餌やリさんが、高齢化によりTNR出来なくなったと嘆いていませんか?

今なら間に合うかもしれません。

高齢化による大規模な多頭崩壊、地域猫活動の現場放棄、TNRの放棄を
未然に防ぐことができれば、船橋市の殺処分数は減っていきます。

もちろん上記の方々も、好き好んで放棄しているわけではないと思います。
高齢化により、どうしても活動を続けていくことが困難になり、
放棄せざるを得ないのだと思います。

命のバトンタッチ。

今まで頑張って活動してきてくださった先輩たちの意志を継ぎ、
若い世代が今度は頑張っていかなくてはならないのだと思います。

もしご近所の高齢者が困っているようなら、
皆さんにもぜひご協力を御願いしたいです。

ふなねこの力だけでは、どうにもなりません。
どうか宜しくお願い致します。

201308

【8月2日現在、センターで譲渡を待っている子猫たち(センターHPより)】

________________________

最後に…埼玉県議連の素晴らしい動きをお伝えして、
この回を終わりにしたいと思います。

犬や猫、年間3000頭超が殺処分…埼玉県議連が「殺処分ゼロ」を知事に要望
(産経ニュースより)

埼玉県議会動物と共生する社会を推進する議員連盟が
本県の今後の動物愛護行政について、
官民の協力体制の充実や県民への啓発・広報活動の充実・強化等を行うよう、
上田清司知事に対して要望

(埼玉県HPより)

koutouku
【江東区ポスター】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。