船橋市で地域ねこ活動を行っています。詳しくは本家HP「ふなばし地域ねこ活動」をご覧ください。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年08月28日 (火) | 編集 |
ある場所で、帰らぬ飼い主を待ち続ける
ロンちゃんという老猫が居ます。

ron

ロンちゃんの飼い主さんは、ご高齢で認知症のため
施設に入ってしまいました。

入所当時は、ロンちゃんのことを心配して
涙を流していたそうです。

今は…認知症が進み、
果たしてロンちゃんのことを覚えているかどうか不明です。


ロンちゃんの問題をふなねこにご相談されたのは
地域の民生員の方です。

「飼い主が入所してしまい、
 エサをあげる人が居なくなってしまった。どうしたらよいか…」
と言う相談でした。

飼い主さんには家族が居ませんでした。

___________________

この民生員の方は、
「ロンちゃんを保健所で処分するという方法は取りたくない」
ということで、なんとかロンちゃんの生きる道
模索してくださったのだと思います。

では、民生員や他人(近所の人等)が、
飼い主がこのようになってしまった犬猫を処分するために
センター(保健所)に持ちこむことは出来るのでしょうか?

船橋市、千葉市、千葉県本所センター
そして県の動物担当「生活衛生推進室」に、電話で確認してみました。

各機関とも本人等の承諾のない状態での引き取りはしないとのこと

この場合のように、家族の居ない飼い主さんが認知症になり、
猫の所有権を放棄出来ない(しない)場合、
民生員(他人)が飼い猫を勝手に処分することはできないと言う事です。

_____________________

以前にも記事にしましたが、
高齢者による飼育放棄や、飼い主の死亡によって
行き場を失う犬猫が続出しています。

自分たちは若いから…
自分たちは高齢者だけどまだまだ元気だから…
そうは思っていても、いつ何時なにが起こるかわかりません。

残された犬猫のために何が出来るか?

・飼育を引き継いでくれる人を見つけてお願いしておく。
・終生飼養してくれるネコ&イヌホームにお願いしておく。
・遺言書等の公的文書を残しておく。

そして何より大事なのが、
自分はこの犬猫を終生飼養できる年齢か、
飼育できる経済力・環境がそろっているのかを
見極めてから犬猫を飼うことです。

_________________

さて問題のロンちゃんですが…

ロンちゃんは、民生員やご近所の方にエサを貰いながら、
このままココで生きて行くことになりました。


ron3

*厳密に言えば…飼い主さんが所有権放棄してないので、
 勝手に新しい飼い主を見つけることはできません。
 しかし預かりのような状態であれば、飼育は可能だと思います。
 ロンちゃんを飼育しても良いと思われる方がいらっしゃいましたら、
 ふなねこまでご連絡ください。

犬猫の飼い主さん、
あなたの可愛い家族が、ロンちゃんのように路頭に迷わないよう
元気なうちに、「万が一の場合の行き先」を決めておいてください。

スポンサーサイト
2012年08月20日 (月) | 編集 |
市川と船橋市に現場を持つ、
「人も幸せネコも幸せ」さんから緊急のお願いが入りました。

代表者でエサやりをしている山本さんが
体調を崩されたため、エサやりが出来ないとのこと。
代理でエサやりを行なってくれるボランティアさんを募集しています。

【以下、人も~のブログから抜粋】( )内はふなねこ補足

8月18日(土)より、私こと代表山本が
椎間板ヘルニアと股関節の筋肉損傷、膝の半月板損傷の古傷が痛み出し、
激痛を伴い、歩く事が困難となりました。

救急車を呼んだ方がと言われましたが、
自宅に戻れるのがいつになるか
わからなくなるため、
現時点では痛み止めで対応するしかないと思い
痛み止めを服用しております。

ただ残念な事に効き目は薄いようです。


市川市現場は私の当番の日を
ざべっちが会社を終え、
帰宅する時に代行してもらう事にしました。

ただ(ざべっち)一人の負担が増える事から
私が復帰出来る(までの)間だけでも
活動にご協力して頂けたましたら
有難いです。

又、船橋市現場の餌やりも時間帯を早くする形でも構いませんので、
ご協力して頂ける方がいらっしゃいましたら、
是非、ご協力の方お願い申しあげます。


船橋市現場は基本私一人が餌やりとなっているため
(朝は(ご近所の奥様方に)お皿の回収と来た仔へのご飯をお渡しし、あげて頂いている形です)、
何かあった場合は大変厳しい状態です。

(船橋市の現場のエサやりのヘルプをお願いしたいのです)

今までの活動における無理が祟った為と
自分自身の体のメンテナンスを怠った為に
皆様には大変ご迷惑をおかけ致しますが
どうか活動に参加協力を
お願い申しあげます。

宜しくお願い致します。


ご連絡はこちらまで
お願い致します。

nekoyoga@gmail.com 山本
____________________

人も~さんの船橋市の現場は、西船橋~中山近辺にあります。
エサやりしなければならない猫の数は、16匹です。

エサやりの時間は、夜遅くになります。

山本さんが復帰するまでの間、
お手伝いしてくださる方を募集しています。

あげるエサについては、山本さんが用意してくれるようですが、
いつもほとんど山本さん一人に負担がかかっているため、
ご寄付として、エサやりしていただけると助かります。

山本さんが復帰するまでの間のみならず、
現場では随時エサやりのご協力者を求めています。

不憫な猫をなんとかしてあげたい、
猫がゴミあさり等で地域を汚さないようにしたい、
地域猫が嫌われ者にならないようにしてあげたい、
ボランティア活動に参加したい…と思われる方、
ぜひ山本さんのグループを応援してあげてください。

*ボランティア活動にはそれぞれの現場でルールがあります。
 ルールに従って気持ちよく活動してくださる方を
 希望しております。宜しくお願い致します。

goo


_________________

8月26日(日)ならしのセミナー開催

習志野市で活動を続けている、
「ならしの地域ねこ活動(通称ならねこ)」さんが、
地域ねこ活動セミナーを行います。

naraneko

(クリックで拡大します)

日時・・・8月26日(日)13:30~16:30
場所・・・谷津公民館  2階 会議室

    京成谷津駅下車、徒歩3分
    習志野市谷津4-7-10
    電話:047-452-1509

講師・・・NPOねこだすけ代表 工藤氏
      
     習志野保健所    梅谷氏


講演後、ねこの気持ちなんでも相談会です。
ふなねこ代表の清水も参加します。

猫のお世話をしたい方、困っている方、是非ご参加ください。
なにか活路が見いだせるかもしれません。
2012年08月07日 (火) | 編集 |
習志野市で活動を続けている、
「ならしの地域ねこ活動(通称ならねこ)」さんが、
地域ねこ活動セミナーを行います。

naraneko
(クリックで拡大します)

日時・・・8月26日(日)13:30~16:30
場所・・・谷津公民館  2階 会議室

    京成谷津駅下車、徒歩3分
    習志野市谷津4-7-10
    電話:047-452-1509

講師・・・NPOねこだすけ代表 工藤氏
      
     習志野保健所    梅谷氏


講演後、ねこの気持ちなんでも相談会です。
ふなねこ代表の清水も参加します。

猫のお世話をしたい方、困っている方、是非ご参加ください。
なにか活路が見いだせるかもしれません。

___________________

【茨城から犬の捜索願い】

迷子の犬の特徴は、
・茶色の毛の柴犬
・赤い布製の首輪
・2歳弱で去勢済みのオス
・鼻先がツンとしているキツネ顔
・大人しく人懐こいです。

行方不明になった場所は、茨城県のつくば市竹園という場所です。

konkon

名前はコンコンといい、
最後は竹園西公園周辺で目撃されています。
6/28から迷子になりました。

張り紙を近隣の電柱や公園、ショッピングセンターに張り、
警察や動物指導センターにも届け出ておりますが、
一ヶ月経っても見つかっておりません。
また、7/28に出版される常陽リビングにも掲載してもらえることになりました。

konkon


連絡先=090-4363-0920 寺山(佐藤)

_____________________

【船橋市なかよし動物フェスティバル2012開催】

2012年9月9日(日)船橋ビビッドスクエア 1階にて
午前11時~午後3時30分まで

ふなねこは「地域ねこってなあに?」という紙芝居と、
のらねこなんでも相談というブースを設けます。

他にも犬のしつけ方講座や、災害時の動物との避難について等、
盛りだくさんの内容になっています。

人間と共に暮らす動物達との共生の在り方、
皆で真剣に考えるべき時だと思います。

是非、遊びながら学べるこの機会をご利用ください。
2012年08月06日 (月) | 編集 |
地域猫活動を始めて、数年経過した地域があります。

その地域は、平成20~21年度まで(2年間)の
市民協働モデル地域でした。

船橋市もふなねこも活動に関わりながら、見守ってきました。

その地域で、先日「地域ねこ活動報告会」が開かれました。

chowkai

町会の回覧板、掲示板でお知らせし、
町会員以外のお宅(アパートやマンション)にも
戸別に開催のお知らせをポスティングしましたが、
参加者はとても少なかったです。

地域ねこ活動に関心がないのか…?
日曜日の開催で、皆さん出かけてしまったのか…?


参加してくださった町会長に
「この地域で野良猫・地域猫についての苦情・相談はあるか」
を尋ねてみたところ、
「ないね~~。」とのお返事だったので、
この参加者の少なさは、「野良猫(地域猫)に困ってない」ことが
原因のひとつかもしれないと感じました。

だとしたら、それは「活動の成果」と言えるかもしれません。

確かに活動以前のこの地域は、
子猫がジャンジャン生まれ、あらゆる場所で死に、
他市から来るエサやりさんが、
無責任にエサをばら撒き、放置し、
悪臭が漂うような状況だったそうです。

今では、それが改善され、子猫は生まれず、
猫同士のケンカも少なくなり、
無責任なエサやりさんも居なくなりました。

*餌だけバラ撒くエサやりさんに「お引き取り」願うには、
 地域に住む人たちが、「地域猫活動」を始め、
 「ここの猫は地域の人にエサをもらって、お腹いっぱいだから
  もうエサをバラ撒かなくていいんですよ。
  きちんと地域で面倒を見ていますよ。」と伝えて、
 エサやりさんを安心させなければ、
 無責任なエサやりを止めさせることは出来ない
と、ふなねこは考えます。


会の内容は、以下の通りです。

①町会長のあいさつと、本町会における地域猫活動の考え方
②船橋市動物愛護指導センター所長による、ガイドラインの説明
③ボランティアグループ代表による、活動報告
④質疑応答

この活動で大切なのは、
「地域ねこ活動は、ボランティアだけが活動すればいい活動ではない」
と、住民の皆さんに認識してもらうことです。

猫を不憫に思う人たちだけが、
野良猫問題のすべて(保護したり、被害を食い止める為の策を講じること)を
引き受けるのではなく、
町会、住民、行政、団体、皆が力を合わせて解決していこうと考えること、
そしてそれを、皆で行動に移していくことが大切なのです。


ふなねこは今まで、センターと共に
10数か所の町会を回り、地域ねこ活動説明等を行なってきました。

その説明会が、すぐに活動に結び付くとは限りませんが、
コツコツと地域ねこ活動の種をまいていくことによって、
そこの地域の人々に、「地域ねこ活動」を知ってもらえますし、
いつか種が花開く事もあります。

*センターと共に説明に伺った町会が、
 地域ねこ活動団体として、市に登録してくれました!(祝)


まだまだガイドラインの存在や、
地域ねこ活動の内容を知らない市民が沢山います。

もし皆さんのお住まいの地域で、
「地域ねこ活動の説明してほしいな~」と思われましたら、
ふなねこやセンターを呼んでください。


*町会の役員会などで、お話をする時間をセッティング願います。
 30分~1時間ほどの時間を予定してください。
 詳しくはふなねこまでご相談ください。

_______________________

【茨城から犬の捜索願い】

迷子の犬の特徴は、
・茶色の毛の柴犬
・赤い布製の首輪
・2歳弱で去勢済みのオス
・鼻先がツンとしているキツネ顔
・大人しく人懐こいです。

行方不明になった場所は、茨城県のつくば市竹園という場所です。


konkon

名前はコンコンといい、
最後は竹園西公園周辺で目撃されています。
6/28から迷子になりました。

張り紙を近隣の電柱や公園、ショッピングセンターに張り、
警察や動物指導センターにも届け出ておりますが、
一ヶ月経っても見つかっておりません。
また、7/28に出版される常陽リビングにも掲載してもらえることになりました。

konkon

連絡先=090-4363-0920 寺山(佐藤)

____________________________

【ぴょんちゃん、里親さん募集中】

pyon4

コンニチワ。ぴょんです。
5月位に生まれた女の子です。
里親さんなかなか見つからず、ぴょんは一人でお留守番です。

早く暖かい家族が迎えに来てくれるのを
お利口さんに待っています。
(詳しくは前回の記事に…)

pyon5

一人ぼっちの夜は寂しいのです。ぴょん。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。