船橋市で地域ねこ活動を行っています。詳しくは本家HP「ふなばし地域ねこ活動」をご覧ください。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年06月26日 (火) | 編集 |
市川市と船橋市に活動現場を持つ、
「人も幸せネコも幸せ」さんの現場で
エサ皿や破損されたり、看板が盗まれる事件が起きました。

*エサ皿は夜中に出し、早朝の当番さんが片付けています。
*エサやり現場は、地主さんと町会長の許可を得た場所です。
*看板の設置も町会名を入れたものです。

活動現場を荒らされる事件が起きた時、どう対処するべきか?
そのヒントが「人も~」さんのブログにアップされていました。
    ↓ ↓ ↓
「人も幸せネコも幸せ」ブログ

何か事件が起きた時、猫が殺傷された時、
まずは110番ですね。

猫が負傷している場合は、
病院に連れて行くことが優先ですが
もし不幸にも亡くなっているような時は、
警察官に現状を確認してもらうためにも、
猫を移動したり触ったりせず、とにかく110番です。

捨て猫された時も同じです!

証拠となるものを移動したり、触ったりせず、
まずは110番通報です。

無残に殺された猫を不憫に思って、埋めてしまう方が多いのですが
犯人を捕まえるためにも、次の被害を産まないためにも
警察官に立ち会ってもらいましょう。

小さな命を粗末にするような地域は、
人にとっても危険な地域なのです。
_______________________

【捨て猫現場の看板】

以下は、捨て猫多発地帯に掲示する看板として、ふなねこが作成しました。

sutenekokinshi

この看板をご希望の方は、ふなねこHPの
「活動・お役立ちファイル・資料」のコーナーに
PDFファイルでアップしてありますので、
ご自由にお使いください。

屋外に掲示すると雨で印刷が流れますね。
もし屋外用をご希望であれば、
ふなねこまでメールもしくはお電話ください。

尚、掲示は土地の管理者に許可を得た場所にお願いします。
___________________________

【移動は遺棄?】

答えはYES!
飼い主の居ない猫を他の場所に移動することは、
遺棄にあたります。

動物愛護法違反で50万円以下の罰金です。

愛護法を知らない方々に教えてあげてください。

stecker

スポンサーサイト
2012年06月19日 (火) | 編集 |
住宅街だけでなく、
マンションや団地などの敷地内にも
野良猫は居ます。

それらは、集合住宅の住民が捨てた猫かもしれませんし、
近隣から流れてきた猫かもしれません。

集合住宅がペットの飼育が可であろうとも、不可であろうとも
野良猫問題が起きているのであれば、解決しなくてはなりません。
___________

ある集合住宅で、野良猫の問題が起きています。
そこはペットの飼育不可物件です。

野良猫問題を解決するために、
その集合住宅に住む奥さん達が、地域猫活動グループを結成しました。
メンバーも集まったことなので、船橋市の団体登録を申請し、
行政からのバックアップを受けたい
と。

団体登録する前に、まずは管理会社との話し合いが先と判断し、
本日、奥さん達と管理会社の担当者さんと
お話させていただきました。

地域猫活動を実施して行きたいという奥さん達の意見に対し、担当者は
「ペットの飼育が許可されていない敷地内では、
 野良猫の餌付けは禁止されている。
 よって地域ねこ活動は許可できない」
という回答でした。

担当者さんは、活動に対しては理解を示してくれましたが、
この物件の規約上、認めるわけには行かないのだと
説明されていました。

「では、この集合住宅の野良猫対策はなんですか?」と
尋ねたところ、
「エサやり禁止の徹底です」との返事。

私の知る限り、エサやり禁止で解決した例はありません。
効果のない策を延々と続けて行くことは、
無策と同じことだと
意見しました。

管理会社の話しを聞いても、
奥さん達の決意は変わりません。

コツコツと活動を続けて行きながら、賛同者を増やし、
管理会社に対して、粘り強く交渉していく
とのこと。

何でも一気に解決とは行きません。
コツコツと活動を続けて行くしか方法はありません。

そのコツコツが、数年後には実を結びます。

活動を信じて動き続ける仲間が、市内には沢山居ます。
2012年06月05日 (火) | 編集 |
6月3日(日)船橋中央公民館で行なわれた
ふなばしニャンポジウムは無事終了しました。

参加者は20名ほどで小規模なものでしたが、
町会での活動方法や、
個人から地域への働きかけに悩む方、
猫の保護に悩む方など、
相談内容も多岐にわたりました。

20120603

ふなねこの講演内容は、
パワーポイントを使ったもので、
pp
個人や有志グループが、地域に働きかける方法を
スライドにて説明しました。

今回のポイントは、
「どうやったら地域ねこ活動になるのか?」でした。

個人で活動していても、
地域の人々の野良猫に対する意識が変わらなければ、
地域猫にはなりません。

地域住民が協力してくれたり、
応援してくれたり、理解してくれたとき、
野良猫が地域猫になっていくのだと思います。

野良猫が地域猫になった時…
住民も猫たちも安心して暮らせるようになるのです。

参加してくださった皆様、有難うございました!!!

2012年06月02日 (土) | 編集 |
6月3日は地域ねこ活動セミナーの
「ふなばしニャンポジウム」です!!!!

banzai
(里親 I さんに愛されている猫Mちゃん
 バンザ~~イの図)

20120603nyanpo
(クリックでポスター拡大します)

日時:平成24年6月3日(日)午後1時開場

場所:船橋市中央公民館
(JR船橋駅南口出てまっすぐ徒歩7分)


船橋市では昨年度より、地域ねこ活動を推進し
手術費用への助成も始めました。
詳しい内容を知りたいかたは、ぜひニャンポにお越しください!

野良猫で悩んでいる方も、ぜひぜひお越しください。

__________________

今回は船橋市で初めて団体登録される町会さん
ニャンポを見に来て下さるとのこと。

(団体登録せずに活動されている町会は他にもあります!)

地域ねこ活動が、町会ぐるみで始まれば「鬼に金棒」です。
まさに地域で行なう「ねこ活動」ですね。

こうしてどんどん活動の輪が広がれば、
個人で頑張っていらっしゃる方々も活動しやすくなります。

「野良猫を見かけたら、地域ねこにしよう!」
「可哀そうな猫を減らしたいから、地域ねこ活動をしよう!」と
市民が自然に思えるような町にして行きたいです。

____________________

【捨て猫注意報】

市内の公園などでは、
今年も捨て猫があったと報告が入りました。

飼い猫が生んだ猫を捨てたのか?
エサやりしている人間が「これ以上、増えたら世話できない」と捨てたのか?
どちらにしても、あまりにも無責任。

「ここなら誰かが拾ってくれる」
などと甘い考えを持った捨て猫犯へ!!!

子猫は誰かに発見される前に、
ほとんどがカラスに食べられてしまいます。

アナタ(捨て猫犯)が母猫から引き離したことで、
衰弱して死体で発見されることも多々あります。

すべてアナタが殺したも同然です。

「目の前で死なれるのが嫌だから…」
「世話出来ないから…」と、
善意の第三者に苦しみを押しつけ、
子猫たちを飢えと渇きで衰弱させて、
平気で枕を高くして眠れるような神経の持ち主。

アナタがしていること(愛護動物の遺棄)は、
50万円以下の罰金です。

発見した方は、すぐに警察を呼んでください。
市川市では、捨て猫犯が捕まり、書類送検された例もあります。
いつまでも捨て猫を許すような町であってはならないのです。

koneko
「僕たちだって生きているんだ!」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。