船橋市で地域ねこ活動を行っています。詳しくは本家HP「ふなばし地域ねこ活動」をご覧ください。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年02月27日 (月) | 編集 |
25日に行なわれた「ならしの地域ねこ活動さん」による
「にゃんにゃんセミナー」は無事終了しました。

参加者数もグン!と伸びて、60名近くの方々が
悪天候にもかかわらず、足を運んでくださいました。

この成果は、ならねこさんの広報力によるものだと思います。
ならねこさんお疲れ様でした!
_________________

習志野市は中核市である船橋市とは違って、
市は保健所を有しません。

*習志野保健所は「習志野・八千代・鎌ヶ谷市」を
 管轄する県の機関です。
 よってそこに在籍する職員は皆、県の職員です。

船橋市でセミナーがあると、
市の職員(船橋市動物愛護指導センター)が
講演をするのですが、
習志野市(ならねこのセミナー)の場合は、
県の職員に講演を依頼することになります。

*習志野市で地域ねこ活動を推進するようになれば、
 習志野市の職員が講演することになるでしょう。

というわけで、
今回のセミナーでは、
県の健康福祉部衛生指導課生活衛生推進室
から可世木副主幹が参加し、講演してくれました。

県はこれから本格的に
地域ねこ活動を推進していくようです!!!

まだ確定していない事業については、
ここでは触れられませんが、
以下の事業については、確定し、
すでに進められているようです。

 千葉県「人(ひと)とねこの共生実行委員会の設置
 及び協賛企業・団体の募集について」


(県HPより転載)
財団法人千葉県動物保護管理協会、公益社団法人千葉県獣医師会
及び千葉県は、飼い主のいないねこの不妊去勢手術を実施して
みだりな繁殖を防ぐとともに、地域ねこ活動を支援することにより、
人とねこの調和のとれたまちづくりを実現することを目的として、
「千葉県人とねこの共生実行委員会」を設置しました。


この事業の目的は、「地域猫活動の支援」で
不妊去勢手術の実施に重点が置かれるようです。

現段階では、事業の具体的な内容は明記されていません。

県が動けば、市もきっと動くはず。

千葉県内で「センターがない市」在住の地域ねこ活動家さん!
県の動きに注目して行きましょう。


neko
行政の動きに…ちゅうも~~く!!!
スポンサーサイト
2012年02月18日 (土) | 編集 |
 ならしの地域ねこ活動さんの主催による、
第3回にゃんにゃんセミナーが開催されます。

日時:平成24年2月25日(土曜日)   
    午後1時半~4時半

場所:千葉県習志野市菊田公民館(京成津田沼駅徒歩7分)の
3階会議室にて。

もちろん入場無料・予約不要です。


なんと今回の講師は、
ならしの地域ねこ活動代表の横尾氏、
千葉県の担当職員(生活衛生推進室)可世木副主幹、
NPO法人ねこだすけ代表工藤久美子氏という
豪華な顔ぶれです

相談会及び質議応答もあります。

地域猫活動を知りたい、実践したいと思う
千葉県民のみなさん!
(もちろん近県の皆さんも!)
ぜひぜひ足をお運びください。

*ふなねこの代表清水も参加します。
________________

【最近のTNR事情】

やはり妊娠しているメス猫がちらほら。

syujyutsu
(手術中の猫)

shirokuroneko
(サカリの季節のオス猫)

「(世話してる野良猫の)お腹が大きく膨らんで来たら
 手術すればいいや…」
などと悠長に構えていると
あっと言う間に子猫が生まれてしまいます。

堕胎は母体に大きな影響を及ぼします。

それも妊娠期間が長くなればなるほど、
子供が胎内で育てば育つほど、
母体に大きな負担をかけます。

人間の都合で堕胎し、
小さな命を消してしまうより、
命が宿るその前に、手術してあげてください。

生後半年くらいのメス猫は、体が小さいので
「まだ妊娠できない・妊娠してない。」
「まだ小さいから手術は可哀想」と思いがちですが、
すでに妊娠している場合が多いのです。

★生後4~5か月で妊娠しているメス猫も居ました。

子猫が生まれてしまったら、
その子猫たちも手術をしなければなりません。

手術費用は数倍に膨れ上がります。

エサ代も数倍に膨れ上がります。

糞尿も数倍。

「人間の都合で猫が可哀想!」と
思われる方もいらっしゃるとは思いますが、
飼い主のいない猫との共生を実現するためには、
繁殖制限は必須なのです。
2012年02月10日 (金) | 編集 |
HPには記載しましたが、
ふなねこはNPO法人となりましたので、
新しい通帳を作成しました。

先日の記事で、新しい口座番号についてお知らせいたしましたが、
郵便局に確認しましたところ、
振替口座にしないと、寄付してくださった方への
こちらからのご連絡ができないことから、
また新たに「振替口座」を設けました。


ご面倒・ご迷惑をおかけいたします。

寄せられましたご寄附は、
地域ねこ活動の普及・啓発・実施に
使わせていただきます。

会員の皆様には、
会報・会員特典なども予定しております。


shirota

皆様からのご協力をお願い致します。

*ふなねこの口座は、ゆうちょ銀行です。

【ゆうちょ銀行からご寄附いただける場合】

(口座記号番号) 00150-3-639440
(口座名称・漢字) NPO法人ふなばし地域ねこ活動
(口座名称・カナ) トクヒ)フナバシチイキネコカツドウ


【他銀行からご寄附いただける場合】

(店名) 019
(預金種目) 当座預金
(口座番号) 0639440
(口座名称・漢字) NPO法人ふなばし地域ねこ活動
(口座名称・カナ) トクヒ)フナバシチイキネコカツドウ

_____________________

なお、2月10日以前にご寄附いただけた方で、
賛助会員をご希望の方は、
その旨をメールでお知らせいただけますよう
お願いいたします。

メールには、お名前、ご住所、ご連絡先の明記も
宜しくお願い致します。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。