船橋市で地域ねこ活動を行っています。詳しくは本家HP「ふなばし地域ねこ活動」をご覧ください。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年05月31日 (火) | 編集 |
5月29日(日)船橋中央公民館にて
第9回ふなばしニャンポジウムが開催されました。

nyanpo9-1

雨にも関わらず、100人近くの方
会場に集まってくださいました。

ニャンポ始まって以来、初の3ケタのご来場です。
足元の悪い中、お集まりいただき誠に有難うございました。

【当日の講演内容】

1、船橋市動物愛護指導センターによる
 「船橋市ねこの飼育・管理に関するガイドライン」説明

 ●講師:保健所衛生指導課 草課長

 プロジェクターを使いながら、
 ガイドラインの説明が行なわれました。

 ●講師:センター 小林技師

 船橋市の地域ねこ活動への助成は、
 3人以上の団体登録から始まります。
 団体登録の説明が行われました。
 
 小林技師からの説明で特に印象的だったのは…

 「地域でもめ事があった時、
  私は市に許可を得て活動している!
  登録ボランティアなんだ!
と言い、
  自分の正当性ばかりを声高に叫ぶことは、
  苦情者との溝を深め、問題を広げかねない。
  
  問題が大きくなれば、
  他の活動者も市も地域ねこ活動を推進しづらくなるので
  自分の主張ばかりせず、相手の気持ちになって
  話し合いを続けることが大切」
 (言葉は違いますが、このような内容でした)

この言葉には、ふなねこも同感です。
市に登録してもらってるのだから、
文句言わないでよ!という態度では
相手もこちらの話に耳を傾けてくれません。

お互いに理解しあい、歩み寄り
一緒に問題を解決していく道を探る…
それが地域ねこ活動だと思うのです。

*ガイドライン&団体登録&助成についてはコチラ
http://www.city.funabashi.chiba.jp/kenkou/animal/0007/p015347.html


2、地域ねこ活動セミナー

 ●講師 ふなばし地域ねこ活動 清水

 地域ねこ活動の目的、具体的方法について
 お話させていただきました。

3、譲渡ボランティア募集について

 ●講師 センター:武井副主幹・千葉技師

船橋市では、センターに収容されている
生後2カ月未満の子猫を、
フードを自力で食べられるようになるまで
自宅にて飼育してくれるボランティアさんを
募集し始めました。

募集要項などについての説明が行なわれました。

*詳しい募集内容については、
 センターまでお問い合わせください。


初めての試みですので、
多少の混乱はあるかもしれません。

しかしセンター職員も懸命に
小さな命と向き合っています。

これに便乗して子猫を遺棄したり、
センターに持ち込めば何とかなると思っているような
不届き者を許さない厳しい目が必要です。

とにかく産ませない。増やさない。

ふなねこは今までの活動に主軸を置き、
センターに持ち込まれる猫の数の削減を目指します。

_________________

第二部では、ねこ何でも相談会が行なわれました。

nyannpo-2

譲渡ボランティアについての相談と、
地域ねこ活動についての相談のコーナーに分かれ、
職員・ふなねこメンバーが相談にあたりました。

今回は個別相談という方法を取らず、
皆さんで一緒に考えながら、
答えを探したり出来る方法を模索するためにも
その場に残った全員でのフリートーク形式を取りました。

自分の抱える相談を
同じように抱えている市民が居たりすることで
勇気づけられたり、
思いもかけない猫問題を一緒に考えたりすることで
問題を共有できたように感じました。

とても有意義な試みであったと思いますが、
相談者の皆さんはいかがでしたでしょうか?

_____________

今回のセミナーには、何人もの市議の姿も見え
野良猫問題に対する関心の高さがうかがえました。

ふなばしケーブルテレビの皆さんも
取材にお越しいただき、有難うございました。

またどんどんセミナーを行ないたいと思います。
この活動が市民権を得て、
不幸な野良猫をこれ以上増えないように
ふなねこも頑張りたいと思います。

当日、ふなねこに寄せられました募金は
13212円でした。
いただきましたご寄付は、大切に使わせていただきます。

皆さま、誠に有難うございました。

kabuki

*皆さまからのご寄付にて手術をし、
 里子に出した「公園に捨てられた猫カブキくん」です。
 幸せをつかむことが出来ました。
 有難うございます。
_____________

6月5日(日)

海老川親水市民まつりに参加します!
今回もフリーマーケットです。
10時~16時までです。

いろんな遊びや出店がありますので、
皆さん遊びに来てくださいね~~。

nobori

*このノボリが目印です!
スポンサーサイト
2011年05月12日 (木) | 編集 |
平成23年5月29日(日)に開催される
「ふなばしニャンポジウム」が、新聞各社で広報されています。

shirota

朝日新聞「マイタウン千葉」

毎日新聞「毎日jp」

(Web上の新聞記事は、数日でリンクが切れることが多いので
閲覧は、お早めに

この他、「地域新聞(船橋版)」では、5月20日号
ニャンポ関連記事が掲載予定です。

ふなばし読売読売新聞京葉版の取材も受けましたので、
もしかしたら、記事にしてくださるかも?です。

購読されている方は、チェックしてみてください。

(時勢の変化により、掲載されないこともあります)

nyanpo2011
(↑クリックで拡大します)

「船橋市が募集している「地域ねこ活動登録団体」とは
 どんなものか?」

「どうすれば登録できるのか?」

「登録の必要条件は?」

「私にも出来る?」

「そもそも地域ねこ活動って何?」

「野良猫に困っているから、市の話を聞いてみよう」

「餌やりしているんだけど、この先どうしたらいいの?」

「近所の野良猫が不憫すぎる。なんとかしたい!」

「飼い主の責任ってなんだろう?」

「船橋市では毎年多くの犬猫が処分されているって?
 私に何かできるかな?」

・・・などなど。
船橋市民の皆さん。そして近隣にお住まいの皆さん。
野良猫のことで頭や胸を痛めているのであれば、
はじめの一歩として、ぜひセミナーにお越しください。

このセミナーで、ヒントが見つかるかもしれません。

______________________

迷い猫 保護されています!


beyan
*突如現れた飼い猫らしき迷い猫です。
 保護されている方が、ご高齢なので長期間の保護は難しいようです
 飼い主さんは、ふなねこまでご一報ください!

●船橋市夏見6丁目に今年の4月下旬に現れた
●雌雄:オス
●毛色:全身ベージュもしくは薄い茶色(口元のみ白)
●首輪:あり。布製の青色の首輪。鈴がついている。
●特徴:長毛。キツネかタヌキのように尾がフサフサしている。
●性格:人にかなり馴れている。
●保護当時:かなり痩せている様子。数カ月放浪してたようだ

一日も早く飼い主さんにお渡ししたいので、
飼い主さんからのご連絡、お待ちしています!

連絡先:090-8568-6648
ベージュの猫の件としてご連絡ください)

beyan2

beyan3

beyan4

beyan5

_______________

フリマのお知らせ!

今年も海老川親水市民まつりのフリマに参加します!

日時:23年6月5日(日)午前10時~午後15時まで
場所:船橋市市場前の海老川沿い

(売り場がまだ確定していません。楽しいお祭りなので
 遊びがてら、ふなねこ売り場
 探していただければ幸いです。不親切で誠にスミマセンm(__)m)

昨年の様子
「2010 船橋海老川親水市民まつり」

海老川付近の地図はコチラ

_______________

「つむぢ」ちゃん、捜索 継続中!
船橋市の飯山満からSOSが入りました。
脱走したまま行方がわからなくなったとのことです。

出てしまってから、かなり時間は経過しているのですが
とても特徴のある猫さんなので、
どこかで保護されていても、わかりやすいと思います。
tumudi


似た子を見かけましたら、
是非飼い主さん又は、ふなねこまでご一報願います。

逃走した場所=飯山満2丁目

連絡メールアドレス=kk640109★m7.gyao.ne.jp

(★を@に変えて送信してください)

件名を「つむぢの件」としてください。

ペットの名前 = つむぢ
種類 = 日本猫MIX
色 = 黒とグレーが基調のさび模様 あご下は白
性別 = ♀(避妊済み)
年齢 = 1 才半
体重 = 4 kg
逃走日時 = 2010/11/28
特徴 = 顔の模様が縦に分かれている。あご下は白。
    かぎ尻尾のボブテール。
状況 = ドアを開けた瞬間に、正にダッシュで逃走。
__________________

盛り沢山の記事になりましたが、
5月29日のニャンポ、6月5日のフリマ、
どうぞ宜しくお願いします。m(__)m

2011年05月06日 (金) | 編集 |
5月5日(木祭)に
千葉地域ねこ活動(ちばねこ)さん主催、
千葉市後援による「千葉市地域ねこセミナー」が開催されました。

chiba1

平成23年3月に千葉市も
「猫と共に暮らすためのガイドライン」を策定しました。

千葉市は今後、センターによる無料手術の実施と
ガイドラインの普及により、
野良猫問題の解決を図るという内容の講演でした。

無料手術についての詳細はこちら

野良猫問題に対する、
千葉市の並々ならぬ意欲を感じさせるセミナーでした。

chiba2

ガイドラインの内容もとてもわかりやすく、
実践しやすいものとなっています。

ガイドラインが出来たことで安心するのではなく、
このガイドラインを上手に使って、
野良猫問題を解決していかねばなりません。

【不幸な野良猫に心を寄せる皆さんへ】
我々の声が、行政を動かしました。

出来あがったガイドラインを生かすも殺すも
我々、市民次第です。

我々の声に応えてくれた行政をバックアップするためにも、
このガイドラインを上手に使って、
一匹でも多くの不幸な野良猫を減らす活動を
実践・応援して行きましょう。

船橋市や千葉市の活動が良い手本となれば、
千葉県全体に広がって行きます。

それは、他市や他県の猫たちを救うことに繋がります。

野良猫を救う活動が、
地域の活性化・環境美化・保安になります。
________________

そして船橋も!
ふなばしニャンポジウム開催

今年もやります。応援してください。

今回は、船橋市保健所(動物愛護指導センター)と開催します。

nyanpo2011

このチラシ等は、センターのHPでダウンロードできます。

船橋市動物愛護指導センターHP
____________________

日 時: 平成23年 5月29日(日)
開場:午後1時

第1部:午後1時30分~
・ガイドライン説明、
・譲渡ボランティア募集について、
・地域ねこ活動セミナー

第2部:午後3時30分~
・ねこなんでも個別相談会 (終了午後5時)

センター職員やふなねこメンバーが、個別の相談に応じます。


場 所: 船橋市中央公民館 ・ 第3・4集会室
     JR船橋駅南口、直進して右側、徒歩約7分。
     市民文化ホール併設。駐車場ナシ。

__________________

引き続き探しています!


船橋市の飯山満からSOSが入りました。
脱走したまま行方がわからなくなったとのことです。

出てしまってから、かなり時間は経過しているのですが
とても特徴のある猫さんなので、
どこかで保護されていても、わかりやすいと思います。

tumudi


似た子を見かけましたら、
是非飼い主さん又は、ふなねこまでご一報願います。

逃走した場所=飯山満2丁目

連絡メールアドレス=kk640109★m7.gyao.ne.jp

(★を@に変えて送信してください)

件名を「つむぢの件」としてください。

ペットの名前 = つむぢ
種類 = 日本猫MIX
色 = 黒とグレーが基調のさび模様 あご下は白
性別 = ♀(避妊済み)
年齢 = 1 才半
体重 = 4 kg
逃走日時 = 2010/11/28
特徴 = 顔の模様が縦に分かれている。あご下は白。
    かぎ尻尾のボブテール。
状況 = ドアを開けた瞬間に、正にダッシュで逃走。

皆さんの飼っているおとなしい犬猫も、
余震に驚いて脱走してしまうかもしれません。

もし脱走されてしまったら!!!の時の
お役立ちサイトです。

ココにある捜索チラシは、シンプルでわかりやすく
効果が高いと思いました。

「白足袋猫のタビィにゃん:迷い猫探し用チラシ」

白足袋猫タビィの飼い主:chakiさま、ご主人さま
掲載させていただきます。有難うございます。
_________________

shimakoandshiro

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。