船橋市で地域ねこ活動を行っています。詳しくは本家HP「ふなばし地域ねこ活動」をご覧ください。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年12月26日 (火) | 編集 |
針金を巻かれた猫の捕獲に成功したと連絡が入りました。

捕獲器を使う前に、一度
「大きなキャリーケージ」に入ってくれたのですが、
折りたたみ式のキャリーだった為、

猫が暴れてフックをはずしてしまったようで、
ちょっと目を放した隙に逃走してしまいました。



しかし…「猫は絶対すぐ戻ってくる」という確信どおり

翌日(今日)猫さんは、捕獲器で保護されました。
hari1


保護された猫はそのまま、病院へ。


獣医さんの手で、針金は無事に はずされました!



「恐い目(捕獲)に何度もあわせたくない」という配慮から、

去勢(男の子だったようです)も同時に実施されます。

(首の傷の有無も確認していただけるとのことです)



保護してくださった方々の努力の賜物です!



保護主さんへ

捕獲作戦の時は、本当に寒かったですね!

でも、私も色々勉強させていただきました。

ありがとうございました。

そして、本当にお疲れ様でございました。




針金を巻いた犯人へ

12月24日、

船橋警察署に報告しました。


スポンサーサイト
2006年12月24日 (日) | 編集 |
市内で活動なさっている方から、SOSが飛び込んできました。

「世話している猫が首に針金を巻かれた、助けたい!」と…。

hari2

詳しくは コチラ


現場でネコを確認したところによると、
針金は明らかに人間によって巻かれたものでした。


元々おとなしい性格のネコだったのでしょう。
人間を信用し、近づいたところに針金を巻かれたのでしょう。

こんな状況になってしまったのですから、
我々に対してかなり警戒心を持っています。


捕獲器での捕獲は無理そうなので、
簡易地引網のようなものを急遽作成し、
好みの餌でおびき寄せて捕獲を試みました。


しかし、10センチほどの隙間から顔を出して 餌を貰うだけで
それ以上近づけないのです。


やっと慣れてきた頃、餌場の主猫に脅かされた為、
どこかに姿を消してしまいました。


しばらく粘りましたが、日没とそれに伴う寒さのため 断念。


また明日、捕獲に出向きます。

_________________


報告してくださった方に、警察への届出を依頼しました。


針金を巻いた犯人へ

動物への虐待は100万円以下の罰金と、1年以下の懲役です。
(動物愛護及び管理に関する法律第六章・第四十四条)

警察には本腰を入れて捜査してもらうよう依頼します。

我々は、そのような卑劣な行為を絶対許しません。

2006年12月18日 (月) | 編集 |
12月16日、船橋駅南口フェイス5階にて、
ふなばし地域ねこ活動・第一回定例会議を開催しました。


ふなばしニャンポジウムに参加され、
アンケートを書いてくださった船橋市の方々と、
会員として登録してくれたメンバーに呼びかけたところ、
師走で忙しいにも拘わらず、
12名(私を含まず)の方が参加してくださいました。


当日は、会としての活動&収支報告と、
集まった寄付金の使い道などを相談しました。


会として「捕獲器」を保持してほしいとの要望があり、
2台購入することになりました。

(誤用・盗難・紛失を避けるため、貸し出し先は、
 現段階では会員に対してのみとさせていただきます。ご了承ください)

__________________

その後、メンバーからの相談を 皆で一緒に考え、
意見交換しました。


『餌やり禁止!』のチラシを、
自治会長さんが回してきた地域があります。
しかし、それは嘆かわしい事・・・ではないのです。


会長さん自らが、そのように
野良猫に対して問題意識をお持ちのほうが、
自治会などで議題に上りやすいと思います。


議題に上がれば、話し合いをすることもできます。

__________________

メンバーの地道な活動もあって、
地域ねこ活動を有益な活動と認めた上で、
是非地域で話し合いをしたいと言う自治会さんが、
名乗りをあげてくださいました。

船橋市の第一号モデル地域となるかも・・・?と期待を寄せています。

__________________

このように、話題満載(問題山積?)の定例会議でした。

予定されていた3時間が、あっと言う間に過ぎ、
メンバー間の協力を約束しながら、閉会しました。

  忙しい中、参加してくださった皆様、

         ありがとうございました!



★市川市在住のO様からのご寄付いただいた「キャットフード」
 すべて、活動しているメンバーに配布させていただきました。
 O様、ありがとうございました。

★当日、メンバーより会へ、8310円カンパしていただきました。
 有効に使用させていただきます。ありがとうございました。

★次回は、1月20日(土)10時より、
 船橋駅南口フェイス5階にて行ないます。
 是非、お気軽にご参加ください。

2006年12月10日 (日) | 編集 |
船橋市の崖の下で鳴いていたところを保護された
我らがチョビ君ですが、
今週の火曜日に 里親さんと お見合いをしたところ、
とても気に入ってもらえ、
本日、里子に送り出すことができました。

chobi2
どこさ いぐだ~!(移動の車中にて)


崖から救出・保護されたご婦人は、
チョビ君と過ごした一ヶ月が夢のようだったと振り返ります。


一時保護とは言え、とても可愛がってくださっていたので、
お別れのときは やはり目に涙が浮かんでいました。


でも、優しい一時保護さん&里親さんに恵まれた チョビ君は
本当に幸せものだと思います。


ご心配いただいた皆様、ありがとうございました。



外で 寒さに震えながら 

        助けを(母猫を?)呼んでいたチョビ君。


鳴き続けたことで、邪魔にされ 駆除されてしまう子。


鳴き続けたことで、見つけられ 拾われる幸運な子。


色んな運命がある。



皆が チョビみたいに幸せになれるといいな。

chobi3
シアワセニ ナルョー!
2006年12月05日 (火) | 編集 |
新宿区 四谷区民センターで行われた
第6回「にゃんにゃんセミナー」に参加してきました。


NPOねこだすけさんブログ(詳細は近日中にUPとのこと)

セミナーで一番 驚いたことは、
椅子の配置から、受け付け、司会進行に至るまで
行政の方々が運営なさっていたことです。

NPOねこだすけさん、新宿区の協働開催とは言え、
あそこまで行政の方々が前面に出ていらっしゃるとは、
正直、予想もしていませんでした。


それだけ地域猫活動というものが、
公益性のある活動だと認知されている証拠です。


     船橋市もそうなればいいな~



そして私は、セミナーの準備をしながらも、
日頃 お目にかかれないボランティアの方々と野良猫談義。

「あの件については~こうなりました」
「これからあの件に着手しようとしてます」などなど
ボランティアの方に報告&相談させていただきました。

先輩方の意見を聞くと、私はまだまだ経験不足なんだなぁ~と痛感。


地域猫の道は険しく長い。  ………トコトコ


頑張らねば…。


  
しかし、活動で溜まったストレスや悩み事も、

仲間と会って話しすれば

結構吹き飛ぶもんですね!(全部ではないけれど)


セミナーの内容は、区民の皆様による「地域ねこ活動」の
状況報告で、勉強になるお話ばかりでした。

そしてあらためて、この地域ねこ活動は
地域住民の協力なしでは、前進しないものなのだと思いました。


自治会、行政への協力依頼を強めて行かねば…。


__________________

当日予定されていた懇談会には
熱発によって参加できませんでした。

行政の方々と、話し合える良い機会だっただけに
残念でした…。

次回、是非 参加したいものです。


行政&スタッフの皆様、お疲れさまでした!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。