船橋市で地域ねこ活動を行っています。詳しくは本家HP「ふなばし地域ねこ活動」をご覧ください。
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年04月29日 (水) | 編集 |
平成27年度の事業として、皆様から寄せられたご寄付から
 「地域の皆さんに了承してもらってはいるけれど、
公の場所でなかなかメンバーが集まらず、
結果的に一人で頑張っている活動家さん」
に対し
フードの助成と手術費用の助成を行なっています。

20150417_061051983_iOS_20150429162754297.jpg
(皆様から頂いたご寄付で購入したフード)

うま猫 003
(現場の猫たち)

うま猫 011
(現場の猫たち)

この現場付近の町会では、活動に対して理解・了承はしているけれど
協力はできないとのことだったので、
(高齢者ばかりの町会なので手伝えないとのこと・・・)
ふなねこと活動家さんで地域を回り、
活動チラシをポスティングしていくことにしています。

現場が住宅地ではないので、野良猫問題が起きにくい場所です。
そのため苦情がないので町会としても動きにくいようです。

野良猫問題に悩む方々、どんどん町会に相談してください。
町会は「自治会」です。自治を目的とした集まりです。
個人で活動していくには限界がありますし、
野良猫問題は地域の問題ですから、町会が取り組んでくれることが一番です。


町会も苦情や相談がなくては、動きません。
ただし苦情を申し立てるだけでなく、自分も地域の一員として
町会に協力するつもりで活動をプッシュしてください。

20131222_021231331_iOS.jpg

ふなねこは今年度、町会に対する取り組みを重視し、
今まで以上に町会への啓発を動物愛護指導センターと共に行います。
ガンガン町会に出向きたいと思っています。

野良猫問題でお悩みの町会・自治会さ~ん!
ぜひふなねこかセンターにお問い合わせください。(^^)/

野良猫問題でお悩みの方~!
ぜひふなねこかセンターにお電話ください。
お住まいの町会に一緒に行きます!(^^)/

20140421_014040838_iOS.jpg
(地域できちんと世話されている猫たち)
____________________

【殺処分ゼロを目指した各自治体の取り組み】

動物愛護に関心のある皆さん。
環境省のHPをたまにのぞいてみてください。

このページには各自治体の殺処分を減らすための
いろんな事業例が載っています。
↓ ↓ ↓
「人と動物が幸せに暮らす社会実現のプロジェクト」

引き取り数の削減のための事業として、
地域ねこ活動を行なっている自治体の多いこと!

条例が問題になった「京都市」だって、地域ねこ活動(まちねこ事業)を
推奨しているんです。

自分の自治体が何を行なっているのか、
関心をもって行政の動きを見てください。
その感心が行政を動かすのです。

________________

【子猫生き埋め事件のその後】

水面下にて活動中。進展があればお伝えします。|д゚)

________________

【多頭飼育・・・そして崩壊】

今問題になっているのは、家の中で不妊去勢手術もされず
どんどん子猫を産ませている家が増えていることです。

狭い家の中で繁殖させられているので、しばらくの間は
ご近所さんは気が付きません。

家の外にまで臭いが漂って来たり、
鳴き声が聞こえるようになると、ご近所も気にしだします。
そんな頃には、猫は相当の数に増えているのです。

地域ねこ活動は、「飼い主のいない猫対策」です。

よって私たちの活動は、飼い猫に対しての活動ではありませんので、
増えすぎた猫を外に出されても、活動することができません。
保護団体でもありませんので、保護してあげることもできません。

飼い猫には飼い主の責務が法律によって定められているので、
どこまで行っても飼い主が責任を負わされます。
飼い主が所有権放棄しなければ、保護団体さんだって保護できません。

そのような家庭(人)は大抵の場合、
ボランティアや行政のアドバイス・指導を聞きません。
頑なに自分の考えを曲げないことがほとんどです。

千葉県では多頭飼育(犬猫合わせて10匹以上)の届け出を
条例によって義務付けました。
船橋市は中核市なので、これに入りません。

ですから、船橋市には多頭飼育の情報がほとんど入っていないのが現状だと思います。
ふなねこや行政が把握していない多頭飼育が、
どれくらいあるのか・・・。

劣悪な環境で飼い殺しされている猫はどのくらい居るのか・・・。

多頭飼育崩壊されても、ふなねこには出る幕がないのです。

20140206_064941274_iOS.jpg

スポンサーサイト
2009年05月13日 (水) | 編集 |
今年の3月29日に行われた街頭募金、メンバーからの寄付などで

49183円
を事業実施地域のボランティアさんにお渡ししました。

(詳細ブログ記事は、こちら)

その後、振込による御寄附総額は、6000円でした。

(松が丘のM様、ミノチャゲ様、御寄附有難うございました)

合計55183円は、すべて地域猫の不妊去勢手術費、えさ代他に
充てさせていただきました。

ご協力ありがとうございました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。