船橋市で地域ねこ活動を行っています。詳しくは本家HP「ふなばし地域ねこ活動」をご覧ください。
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年12月02日 (水) | 編集 |
船橋市「地域で考える飼い主のいない猫対策(地域猫活動)セミナー」は
無事終了いたしました。

船橋市のみならず、
近隣の市川市や松戸市の方々も参加してくださいました。

20151129_145406000_iOS.jpg
(セミナーの様子)

参加者の中には、保護活動を一生懸命なさっている団体さんの
メンバーのお姿も。

保護活動には限界(キャパ)があり、
保護しきれない猫たちをどうしたらいいか・・・と言う悩みは
地域猫活動で解決できる部分もあるのではないかと思います。

「緊急保護の必要がある」猫とは、
親のない子猫や疾病のある猫、行き倒れの猫、
外に居るのが危険な状態である猫だとしたら、
そのほかの猫たちは、地域猫にできるのではないでしょうか。

なんでもかんでも保護してしまうのは、
自身の生活(経済的・家庭環境)に負担をかけ、
心身の健康を損ねる原因にもなりかねません。

猫を不憫と思う方だけが背負う問題ではないと思うのです。

野良猫問題は「地域みんなの問題」として
多くの人の手を借り、住民同士・猫も含め共生しながら
解決すべきものだと、ふなねこは考えます。

そして行政の力も借りて。

20151129_145428000_iOS.jpg
__________________

【行政の力を借りる=協働】

協働というと難しく聞こえるかもしれませんが、
市民やボランティアと共に、行政にも考えて行動してもらうことを
協働と言います。

ある問題に対し、同じ目的を持った者同士が
共に協力しながら働く(活動する)ということです。


町の野良猫問題を行政と共に協働することで、
問題の解決が驚くほどスピードアップするのです。

名もないNPOが、住民や町会を説得しても
その説明すら聞いてくださらないのが現状です。

そこで私達ふなねこは、行政と共に町会や住民への説明を行います。

「行政が説明する」というだけで、住民の方々は
安心して(信頼して)説明を聞いてくださいます。

国(環境省)も県(千葉)も市(船橋)も推奨している活動だと
知っていただくことで、地域猫活動に対する信頼が生まれるのです。

一昨日もある町会に、
船橋市動物愛護指導センターと説明に出かけました。
今日もほかの町会に出かけます。

今日伺う町会は、「地域猫活動を町会として取り組みたい」
申し出てくださった町会さんです。

活動が軌道に乗るようセンターと共に
お手伝いしてまいります。
__________________

【そろそろ里親募集】★里親決定しました!★

20151201_024455038_iOS.jpg

(仮)ポオちゃん

生後一か月半(12月1日現在) 
オス 茶トラ 長毛~半長毛
人馴れ十分 手足が太く短め
人馴れしています やんちゃ盛りです

★マイフリーガード、ドロンタールによる駆虫、ミミダニなし
 食欲旺盛 糞便異常なし

★パルボの危険性を考え、保護から3週間たった頃に里親募集いたします。
 (12月中旬募集開始予定)

★簡易ウィルス検査は生後3~4か月に実施するのが妥当と言われていますので
 まだ検査は行なっておりません。

★まだ募集しておりませんが、気になるという方は、
 ふなねこまで電話にてお問合せください。

★譲渡には「お約束や条件」がございますので、
 詳しくは募集サイトへの投稿をご覧ください。
 (12月中旬から投稿予定)
スポンサーサイト
2015年08月10日 (月) | 編集 |
【船橋市が初めての日曜日犬猫譲渡会を開催します!!!】
*日曜に開催するのが初めてで、平日も譲渡を行なっています。

以下センターのHPより引用↓↓↓

動物愛護指導センターで保護している犬・猫の新しい飼い主を見つけるため、
平成27年8月23日(日曜日)に譲渡会を開催いたします。

犬・猫の習性・生理を正しく理解した上で、
適正に犬・猫を終生飼養していただける方に、当センターで保護している犬・猫をお譲りします。
譲渡にあたりましては条件がございますので、
「犬・猫を飼う前に考えていただきたいこと」をよく読んでいただき、
事前に電話にてお申し込みをして下さい。
 
 譲渡の際は、身分証明書と印鑑と連れて帰るための用具、
集合住宅及び賃貸住宅等の場合、
動物の飼育が可能であることの証明書類等が必要になります。

 犬の場合につきましては、
譲渡後に狂犬病予防法により飼い犬の登録(生涯1回)及び
狂犬病予防注射を接種する必要があります。
詳しくは「犬の登録と注射」についてをお読みください。
 
 また、譲渡会以外でも随時新しい飼い主を募集しておりますので、
是非御連絡いただければと思います。


1 日時 平成27年8月23日(日曜日)14時~16時
2 申込方法 電話にて事前申し込み

こんなに可愛い子たちが家族を待っています。
詳しくはこちらをクリック♪→譲渡可能な犬猫

船橋市動物愛護指導センター職員さんも
殺処分ゼロを目指して、本当に頑張っています!

046_s.jpg

****ふなねこより、皆様へ****
活動で多忙のため、せっかくコメントをいただいても
お返事するのが遅くなることが多々ありますので、
コメント欄はしばらく閉鎖させていただきます。
ご相談は電話にてお受けいたしますので、宜しく御願い致します。
2015年07月22日 (水) | 編集 |
船橋市動物愛護指導センターでは、収容された猫たちの
飼い主を募集しています。

今、センターにはかなりの数の猫が収容されていますが、
病気にならないよう、処分することのないよう、
センター職員さん達は懸命に育ててくれています。

少しでも飼い主募集のお手伝いになれば・・・との思いから、
写真を撮ってきましたので、掲載します。

7月14日撮影のため、すでに譲渡が決まった子もいると思います。
お目当ての猫が居ない場合もあると思いますが、ご容赦ください。

(頭数が多いため、それぞれの雌雄は記載していません。)

IMG_6132.jpg

IMG_6131.jpg

IMG_6128.jpg

IMG_6127.jpg

IMG_6126.jpg

IMG_6124.jpg

IMG_6110.jpg

IMG_6113.jpg

IMG_6111.jpg

IMG_6119.jpg

IMG_6118.jpg

IMG_6115.jpg

IMG_6122.jpg

IMG_6120.jpg

IMG_6114.jpg
【↑↑成猫はこの子だけでした。すごく性格のいいロシアンブルー系の猫さん】
センターHPより詳細↓↓

(仮名)グレイ 年齢不明

はじめてのときは挨拶程度にシャーと鳴くものの、
すぐに慣れてゴロゴロします。
人が大好きで積極的にスリスリしてきます。

____________________

そして犬達も新しい飼い主さんを待っています!

IMG_6121.jpg

IMG_6117.jpg

IMG_6116.jpg

IMG_6112.jpg

IMG_6125.jpg

IMG_6130.jpg

IMG_6129.jpg

犬については、それぞれの性格を
センターがHPにアップしていますので、
そちらをご覧頂いた方が、より詳しくわかると思います。
↓↓↓
船橋市動物愛護指導センター「譲渡可能な犬猫」

この中に、あなたの運命の子は居ませんか?
一匹でも多くの犬猫が、温かい家族と出会えますように。
____________________

【癒しフェアー 2015 TOKYO】

この度、一般社団法人RENSA様のご厚意により、
東京ビッグサイトで行われる「癒しフェアー2015」
ふなねこは参加させていただくことになりました。

「癒し?」と聞くと、ふなねこは関係ないように思われますが、
そのフェアーの中で、動物のブースが設けられるのです。

そこで募金箱を設置し、活動の周知をはかります。

動物関係のブースには、ふなねこだけでなく
いろんな団体さんが参加なさいます。

2015iyashi.jpg


↓↓ 【一般社団法人RENSA様のフェイスブック記事より引用】 ↓↓

8月8日(土)、9日(日)「癒しフェア」 in 東京ビックサイト にて
U^ェ^Uちゃん、=^_^=ちゃんとの触れ合い満載のミニ譲渡会開催します!
プロカメラマンのチャリティー写真撮影会!!
あのっ!!クリエーターさんによる2days限りの可愛いグッズも
チャリティー商品としてご用意!超プレミア商品です^^
是非、癒されに来てくださいね。
団体様の参加スケジュールはこちら。
★8日(土)
ヒューマニン財団様
ふなばし地域ねこ活動様
★9日(日)
日本動物生命尊重の会様
paw pads様
わんずぺ~す様

______________

皆様、お時間がありましたら是非、東京ビッグサイトまで
遊びに来てください。
楽しい催しがいっぱいです。

お友達お誘いあわせの上、よろしくお願い致します。

★今なら無料入場チケットがフェアーのHPから手に入ります。
  こちらから入手して、ぜひ遊びにきてください!
  ↓ ↓ ↓
癒しフェアー2015 TOKYO 無料チケットはこちら





2014年04月07日 (月) | 編集 |
23年度から始まりました船橋市の地域猫活動団体登録ですが、
今年度から登録団体に対して、腕章を作ってくれました。

wansyou

黄色でハッキリ見える文字。
そしてV字カットされた猫のイラスト付きです。

ビニール製ですので雨の日でも大丈夫。

惜しむらくは「船橋市」と言う文字が入っていないこと…。

「どこのなんの登録団体かわからない」と言う市民の声が上がりそうです。


しかし活動しているボランティアさん達は
腕章をもらって大喜びです。

「活動しやすい」
「身分を証明できる」
「活動の説明がしやすい」などなど。

陰でコソコソエサやりをするのではなく、
この腕章をつけて堂々と活動していただきたいものです。

船橋市動物愛護指導センターの職員の皆さん、
活動しやすい状況を作ってくださって、有難うございました。

次回作成時にはぜひ、市の名前を入れてください!(^_-)-☆
2013年08月02日 (金) | 編集 |
(~前回からの続き~)

前年度までの、船橋市の猫の殺処分数は以下の通りです。

17-24nendo

【クリックで拡大します】

*前年度からの繰り越し、負傷動物として収容された数はここにありませんが
 全体の頭数として反映されています。(24年度=負傷46頭、繰り越し4頭)
 よって24年度の収容数は460頭、うち306頭の処分と言う事で
 処分率は66.52%になります。

*殺処分数には飼養中に病気等で亡くなった頭数も含みます。
____________________________

平成21年度から23年度にかけて、順調に処分数を減らしてきましたが
24年度には…また増加しています。

これは一体どういうことなのか?

市が地域猫活動を正式に推進するようになったことや、
市内で多くの市民が活動に取り組んでいることなどからして、
収容数が減ってしかるべきなのに対し、
増えているというのは、どういうことなのか???

「23年度の収容数の少なさが奇跡だった」という意見もあります。

その奇跡の23年度を除けば、
22年度→24年度の収容数は順調に減っています。

23年度が奇跡だった…そう考えれば、そうとも取れるデータです。

しかし本当にそれだけなのでしょうか。

ふなねこメンバーは考えました。

「もしかして…市民の高齢化
なんらかの影響を及ぼしているのではないか?」と。

201308
【8月2日現在、センターで譲渡を待っている子猫たち(センターHPより)】
_________________________

ふなねこの考えはこうです。

・餌やりさんの高齢化または入院、死去により、
 管理しきれない猫が子猫を生んでいる。
・飼い主の高齢化または入院、死去により遺族が猫を持ち込んでいる。

今までもこのような状況はあったと思います。
しかし今後は益々このような状況が増えてくるのではないでしょうか。

このブログをご覧いただいている若い市民の皆さんへ。

ご近所の高齢者が抱えきれないほど猫を世話していませんか?
近所の餌やリさんが、高齢化によりTNR出来なくなったと嘆いていませんか?

今なら間に合うかもしれません。

高齢化による大規模な多頭崩壊、地域猫活動の現場放棄、TNRの放棄を
未然に防ぐことができれば、船橋市の殺処分数は減っていきます。

もちろん上記の方々も、好き好んで放棄しているわけではないと思います。
高齢化により、どうしても活動を続けていくことが困難になり、
放棄せざるを得ないのだと思います。

命のバトンタッチ。

今まで頑張って活動してきてくださった先輩たちの意志を継ぎ、
若い世代が今度は頑張っていかなくてはならないのだと思います。

もしご近所の高齢者が困っているようなら、
皆さんにもぜひご協力を御願いしたいです。

ふなねこの力だけでは、どうにもなりません。
どうか宜しくお願い致します。

201308

【8月2日現在、センターで譲渡を待っている子猫たち(センターHPより)】

________________________

最後に…埼玉県議連の素晴らしい動きをお伝えして、
この回を終わりにしたいと思います。

犬や猫、年間3000頭超が殺処分…埼玉県議連が「殺処分ゼロ」を知事に要望
(産経ニュースより)

埼玉県議会動物と共生する社会を推進する議員連盟が
本県の今後の動物愛護行政について、
官民の協力体制の充実や県民への啓発・広報活動の充実・強化等を行うよう、
上田清司知事に対して要望

(埼玉県HPより)

koutouku
【江東区ポスター】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。