船橋市で地域ねこ活動を行っています。詳しくは本家HP「ふなばし地域ねこ活動」をご覧ください。
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年06月06日 (金) | 編集 |
6月4日、ふなねこ代表清水は
千葉市の「千葉地域ねこ活動(ちばねこ)」の I さんと共に
千葉市生活衛生課の課長、千葉市動物保護指導センター所長と
千葉市の現状および今後の活動について、お話を伺ってきました。

千葉市は平成23年度から市で野良猫の不妊去勢手術を無料
行なっています。(第一期の募集は終了しています)

無料で行われることのメリット、デメリットについても
深く話し合いができたと思います。

エサを与え、手術(無料で)したけれど…と言う猫が増えているだけでは
地域ねこにはなりませんし、トラブルも減りません。

単なる手術をした野良猫から、
地域の皆さんに理解してもらえる地域ねこになるよう
地域にきちんと広報していくことが大変重要です。

どうやったら広報できるのか?しやすいのか?

それを市とちばねこがバックアップできる体制づくりが望まれます。
__________________

【千葉市のある公園で、地域ねこ活動が行われていました】

県の中でも地域ねこ活動が進んでいる千葉市ですが、
これは素晴らしい!と思われる事業も行なっていました。

「地域ねこ活動」を、市の公園緑地事務所が主体となって行なっているのです。

1
【↑公園地域ねこ活動のルール・・・クリックで拡大】

ただし、市の職員だけでは猫の世話はしきれません。

そこで市民からボランティアを募り、公園にいる野良猫を
市が管理する地域ねこにしようという事業です。

2
【↑ボランティア登録書・・・クリックで拡大】

地域に居る猫を管理していくのが、地域住民であるならば、
公園に居る猫なのだから、
公園側が管理者となって活動を進めていく…。
その当たり前の事を実践してくれる課が出てきた!
これは本当に喜ばしいニュースです。

3
【↑公園猫のデータ・・・クリックで拡大】

このように、問題を抱えた地域・会社・公の場所などの
所有者・管理者・などの関係者が
それぞれの場所で主となり、問題を解決していく。

そしてそれを周りの人間が協力していく。

それが地域ねこ活動の在り方だと思います。

活動のほとんどを市民側が負担している現状だろうとは思いますが、
管理者である行政が、自分達の問題であると認識したことは、
大きな一歩だと思うのです。
_______________________________________________________________________

26年6月28日(土)

やちよ地域ねこ活動主催
「地域ねこについて考えてみませんか?」セミナー

*八千代市で初の地域ねこ活動セミナーです!
 皆さん、お誘いあわせの上、ぜひお越しください。

午後12時半開場、13時スタート、16時終了

八千代市役所内、八千代福祉センター(駐車場あり)


yachineko
【クリックで拡大します】

_______________________

26年7月6日(日)

ふなばしニャンポジウム(地域ねこ活動セミナー)

午後13時開場、13時半開演、16時半終了

船橋市中央公民館

船橋市動物愛護指導センターとふなねこの共催です。


shima
>>>>ミナサン、キテにゃ<<<<
スポンサーサイト
2011年05月06日 (金) | 編集 |
5月5日(木祭)に
千葉地域ねこ活動(ちばねこ)さん主催、
千葉市後援による「千葉市地域ねこセミナー」が開催されました。

chiba1

平成23年3月に千葉市も
「猫と共に暮らすためのガイドライン」を策定しました。

千葉市は今後、センターによる無料手術の実施と
ガイドラインの普及により、
野良猫問題の解決を図るという内容の講演でした。

無料手術についての詳細はこちら

野良猫問題に対する、
千葉市の並々ならぬ意欲を感じさせるセミナーでした。

chiba2

ガイドラインの内容もとてもわかりやすく、
実践しやすいものとなっています。

ガイドラインが出来たことで安心するのではなく、
このガイドラインを上手に使って、
野良猫問題を解決していかねばなりません。

【不幸な野良猫に心を寄せる皆さんへ】
我々の声が、行政を動かしました。

出来あがったガイドラインを生かすも殺すも
我々、市民次第です。

我々の声に応えてくれた行政をバックアップするためにも、
このガイドラインを上手に使って、
一匹でも多くの不幸な野良猫を減らす活動を
実践・応援して行きましょう。

船橋市や千葉市の活動が良い手本となれば、
千葉県全体に広がって行きます。

それは、他市や他県の猫たちを救うことに繋がります。

野良猫を救う活動が、
地域の活性化・環境美化・保安になります。
________________

そして船橋も!
ふなばしニャンポジウム開催

今年もやります。応援してください。

今回は、船橋市保健所(動物愛護指導センター)と開催します。

nyanpo2011

このチラシ等は、センターのHPでダウンロードできます。

船橋市動物愛護指導センターHP
____________________

日 時: 平成23年 5月29日(日)
開場:午後1時

第1部:午後1時30分~
・ガイドライン説明、
・譲渡ボランティア募集について、
・地域ねこ活動セミナー

第2部:午後3時30分~
・ねこなんでも個別相談会 (終了午後5時)

センター職員やふなねこメンバーが、個別の相談に応じます。


場 所: 船橋市中央公民館 ・ 第3・4集会室
     JR船橋駅南口、直進して右側、徒歩約7分。
     市民文化ホール併設。駐車場ナシ。

__________________

引き続き探しています!


船橋市の飯山満からSOSが入りました。
脱走したまま行方がわからなくなったとのことです。

出てしまってから、かなり時間は経過しているのですが
とても特徴のある猫さんなので、
どこかで保護されていても、わかりやすいと思います。

tumudi


似た子を見かけましたら、
是非飼い主さん又は、ふなねこまでご一報願います。

逃走した場所=飯山満2丁目

連絡メールアドレス=kk640109★m7.gyao.ne.jp

(★を@に変えて送信してください)

件名を「つむぢの件」としてください。

ペットの名前 = つむぢ
種類 = 日本猫MIX
色 = 黒とグレーが基調のさび模様 あご下は白
性別 = ♀(避妊済み)
年齢 = 1 才半
体重 = 4 kg
逃走日時 = 2010/11/28
特徴 = 顔の模様が縦に分かれている。あご下は白。
    かぎ尻尾のボブテール。
状況 = ドアを開けた瞬間に、正にダッシュで逃走。

皆さんの飼っているおとなしい犬猫も、
余震に驚いて脱走してしまうかもしれません。

もし脱走されてしまったら!!!の時の
お役立ちサイトです。

ココにある捜索チラシは、シンプルでわかりやすく
効果が高いと思いました。

「白足袋猫のタビィにゃん:迷い猫探し用チラシ」

白足袋猫タビィの飼い主:chakiさま、ご主人さま
掲載させていただきます。有難うございます。
_________________

shimakoandshiro

2009年09月23日 (水) | 編集 |
2008年11月に第一回のセミナーを開催された
「千葉市地域ねこ活動」さんが、第二回目のセミナーを
開催します!

第二回ねこともセミナー開催
10月7日(水) 午後1時〜5時
千葉県千葉市緑保健福祉センター2F

【所在地】
〒266-8550
千葉市緑区鎌取町226-1
電話 043-292-8142

【交通】
JR 外房線鎌取駅から徒歩8分(約500メートル)駐車場あり

midorihukushi
(クリックで地図拡大)


主催:千葉市地域ねこ活動
講師:NPOねこだすけ
野良猫問題、みんなで一緒に考え、解決しませんか?
地域猫活動について/野良猫相談会/パネル展示

千葉市の活動の輪を、みんなで広げませんか?

不幸な野良猫を救ってあげたいとお考えの方、
野良猫の被害に悩まされている方、
もちろん千葉市以外の方の参加もお待ちしております。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。