船橋市で地域ねこ活動を行っています。詳しくは本家HP「ふなばし地域ねこ活動」をご覧ください。
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年11月19日 (水) | 編集 |
高齢化社会になって、
高齢者が高齢者を支えるような状況が増えてきました。

60代後半の子が、90代の親の世話をしているのも
珍しくなくなりました。

若い頃は自分の体や経済的にも不安もなく
犬猫の保護活動をバンバンしていた人が、
自身も年を取り、親の介護もしなくてはならなくなったため、
保護している犬猫の世話が出来なくなっている・・・と言う話を聞きました。

保護活動している人は、おのずと多頭飼いになっていると思われますので、
犬猫の医療費や飼育費の工面のため、
高齢にもかかわらず、仕事を持っていることが多いのです。

犬猫も長寿になってきていますので、
昔に比べれば医療費や飼育費の負担も重くなってきています。

そうなると、介護、仕事、自分の将来、資金など、
いろんな不安要素が噴出してきます。

この不安は、年月を経るごとに増大していきます。

忙しさのあまり、犬猫の飼育がおろそかになり、
近所から悪臭や鳴き声の苦情が出始める・・・なんてことが
今後はどんどん増えてしまいそうです。

そこで千葉県は、多頭飼いが多頭崩壊に繋がらないように
なんとか手を打とうとしています。

08-04-28_005~001


ここで、「千葉県動物の愛護及び管理に関する条例」の概要をお知らせします。

条例全文はコチラをクリック

この条例は、平成26年9月定例県議会において全会一致で可決、制定され、
10月21日に公布されました。施行は来年4月1日です。

(1)目的
動物愛護精神の涵養に資するとともに、
動物による人の生命等への侵害・生活環境の支障を防止し、
人と動物の共生社会の実現を図る。

(2)動物愛護の精神の醸成と適正な管理の普及の推進
ア 県、県民、飼い主のそれぞれの責務
イ 県が推進する施策
子どもに対する普及啓発に関する情報提供や助言
飼い主を特定できるマイクロチップの普及啓発
収容された犬・猫を新しい飼い主に譲渡するなどの殺処分をなくすための取組
ウ 動物の飼い主等の遵守事項

【動物一般】適切な給餌・給水、ふん尿の適正な処理、終生飼養

【犬】散歩の際のふんの適正な処理、人に迷惑を及ぼさないようにするためのしつけ

【猫】屋内飼養の努力義務

(3)動物の危害を防止し、周辺の迷惑にならないようにするための規制
ア 危険な動物(※)が逸走した場合の飼い主の県への通報義務
(※)動物愛護管理法第26条に規定する特定動物(例:ゾウ、ニホンザル、イヌワシ、ワニガメ等)
イ 犬・猫合わせて10頭以上飼養している飼い主の届出義務
ウ 犬が人を咬む事故を起こした場合の飼い主の届出義務
エ 犬を係留して飼う義務
(4)罰則
罰金(50、30、20万円以下)又は過料(5万円以下)

*本条例は、千葉市、船橋市、柏市には適用されません。
_________________________

条例が出来たからといって、多頭崩壊のすべてを抑止できるとは思えません。

私たちに出来ることは、
ご近所で犬猫を増やし続けているお宅はないか、
そのお宅ではきちんと世話されているかどうか、
世話されてないのがわかる状態であれば、
ご近所として何か出来ることは無いか。

お手伝いレベルで解決できるなら、お手伝いしてみる、
ご近所だけでは解決できそうもなければ、
早めに行政に相談しておく・・・など。

そういったご近所ならではの、
早めの対処が必要になるのではないでしょうか。

09-03-03_003.jpg

私たち「ふなねこ」が行なっている活動は、
猫の問題の解決を図るために、
地域の皆さんとたくさんのお話をします。

その中で、ご近所の抱えている問題
(たとえば認知症の高齢者、孤立している方、独居老人など)
に度々出くわします。

猫の活動家ではなく、民生員的な役割もあるように感じます。

今後は関わる行政も、動物愛護指導センターのみならず
包括支援センター(高齢者支援)や、公園緑地課、河川管理課、
道路管理課、健康福祉関係の機関などなど
多岐にわたることが予想されます。

私たちだけの力で賄うことは不可能です。

ぜひ皆様のお力をお貸しください。
_____________________

そんなワケで!セミナーやります!

【ふなばしニャンポジウム改め
 「地域で考える飼い主の居ない猫対策セミナー」開催します】


20141130船橋市「地域で考える飼い主の居ない猫対策」ポスター
【クリックで拡大します】

地域住民の高齢化を考えたとき、
「にゃんぽじうむ」というセミナー名では
わかりづらいのではないかとの事で、
ずばり「地域で考える飼い主の居ない猫対策セミナー」に
改名しました。

そして「自治会や町会を通して、地域ねこ活動を広報できれば、
活動する方も活動しやすくなるのでは?」という
ふなねこの提案を受けて、
センター職員さんも頑張って、
80の町会に案内チラシを送付してくれました。

町会に案内が届くと言う事は、町会役員の人々に
「船橋市では地域ねこ活動を推奨していて、セミナーもやっている」
と言う事を広報することができます。

そうなると、地域でコツコツ活動を続けてきた方や
これから活動してみたい方が、
手を上げやすい雰囲気になるのではないかと思います。

今回は二和向台付近でセミナーします。
お近くの人も、そうでない人も是非お越しください。

日時:平成26年11月30日(日)
    開場13時、スタート13時半、終了16時半

場所:船橋市二和公民館(第一集会室)

講演:船橋市動物愛護指導センター
    NPO法人ふなばし地域ねこ活動

09-05-21_008.jpg
ヨロシクニャーーーーーーーーーーーー!
スポンサーサイト
2014年11月02日 (日) | 編集 |
11月1日に行われた「ならしの地域ねこ活動」さんによる
「にゃんにゃんセミナー」は盛況のうちに終了しました。

20141101_050624028.jpg

NPO法人ねこだすけの理事長工藤さんのお話は、
何度聞いても新しい発見があります。

20年に渡る活動。

「活動当初は国も東京も区も推進してくれてなかった。
その中で活動を進めることは、大変なことだった。
今は国も県も市も推進してくれている状況なのだから、
活動は進めやすいはずです。」


と言う工藤さんの言葉に、ハッとさせられた方も少なくないのではないでしょうか。

「野良猫をなんとかしてあげたい・・・でも近所の目があるから」
「野良猫をなんとかしてあげたいけど、お金がないし」

と言って、活動を始められない方。
昔の日本に比べて、今は活動しやすい状況になっています。

何もしなければ、何も変わりません。

野良猫の世界でいえば、何もしなければ益々事態悪化するだけです。

どうぞ皆さん、少しの勇気をもって、
ならねこやふなねこと共に進めて行きましょう。(^_^)

_________________________________________________________

【千葉県動物の愛護及び管理に関する条例】

今年の10月21日に公布された県の条例です。
27年4月1日より施行されます。

条例はコチラ→県のHPよりPDFファイル

本文をじっくり読んで、不明な点が少し出てきました。

明日行われる「千葉県動物愛護セミナー」の会場で
質問してくることにします。

【平成26年度千葉県動物愛護セミナーの開催について】

日時:平成26年11月3日(月曜日・祝日)13時30分から16時30分まで
場所:千葉県教育会館大ホール
テーマ:動物愛護と県条例について考える
内容:講演「動物愛護管理条例及び推進計画について」
講演「動物をめぐる法律に関するトラブル事例について」(仮題)
意見交換会(パネルディスカッション)

★こちらは予約制になっておりますので、飛び入り参加はできないかもしれません。
★セミナーについての案内はコチラ→県のHP
_______________________

【高齢化が止まりません】

全国でも問題になっている高齢化。
地域ねこ活動の現場においても、問題になっています。

活動家さんが高齢化によって、
入院、死亡、転居するなど
活動の環境が徐々に変化し始めています。

ある地域では、エサやりさんが3軒あったのに
そのうち2軒が上記のような理由で居なくなってしまいました。

すると残された1軒に猫が集中。
エサを巡って、猫がけんかを始めてしまい、
今まで面倒みていた猫が居なくなってしまったり、
大けがを負ったり。

残された一軒のお宅では、エサ代も増えてしまいます。

ご近所で、日頃から活動についての話がきちんとなされていれば、
新しいエサやりさんを見つけるなどの
対策が取れるかもしれません。

高齢化は今後加速します。
今から後継者、仲間を作っていくことを意識しなければならないようです。

10-03-19_001.jpg

2014年10月20日 (月) | 編集 |
【ならしの地域ねこ活動「にゃんにゃんセミナー」開催】

ならしの地域ねこ活動さんが、セミナーを行ないます。
野良猫問題でお困りの方、エサをあげている方、ぜひ一緒に考えてみませんか?
このセミナーで、きっとヒントが見つかると思います。

平成26年11月1日(土)
午後1時開場、1時半スタート、終了4時半

習志野市大久保公民館 教室A,B

ならねこセミナー20141101
【クリックで拡大】


講師:NPO法人ねこだすけ 理事長 工藤久美子氏
    NPO法人ふなばし地域ねこ活動 理事長 清水

________________________

【千葉県のイベント】

千葉県ではこの度、【仮称】動物愛護条例を作成しました。
それに伴い、動物愛護と県の条例についてのイベントが開催されます。

動物愛護への関心と理解を深めていただくとともに、千葉県の
動物愛護管理の推進について考えていただく催しです。

日時:平成26年11月3日(月・祝)
13:30~16:30

場所:千葉県教育会館 大ホール

要予約、参加費不要

テーマ:動物愛護と県条例

プログラム
<第1部>
講演Ⅰ 「動物愛護管理条例及び推進計画について」
講師千葉県健康福祉部衛生指導課公衆衛生獣医班長
講演Ⅱ 「動物をめぐる法律に関するトラブル事例について」(仮題)
講師弁護士内海文志
<第2部>
意見交換会(パネルディスカッション)
パネリスト千葉県動物愛護管理推進協議会委員
NPO法人地球生物会議(ALIVE講師)

≪申し込み方法≫
1 FAX又は郵送で申し込みの場合
 申込書に必要事項を記入の上、お申し込さい。

2 メール又は電話で申し込みの場合
 「動物愛護セミナー申込み」「氏名」「お住まいの市町村名」
 「電話番号」「FAX番号又はメールアドレス」「参加人数」
 をメール本文に御記入又は電話でお伝えください。

≪申し込み先≫
千葉県健康福祉部衛生指導課
〒260-8667 千葉市中央区市場町1-1
電話:043-223-2642 FAX :043-227-2713
メール:eisi3@mz.pref.chiba.lg.jp

→詳しく(申込書)はコチラ→
県HP

→イベントチラシはコチラ→PDFチラシ

★県の条例について重要な話もありますでしょうし、
 弁護士による動物トラブル事例についての話もあります。

 活動を行なう人にとって、重要なイベントになると思います。
 ぜひ足を運んでください。こちらは要予約ですよ!
2013年10月11日 (金) | 編集 |
千葉県がいよいよ動物の愛護や管理に関する条例を作るようです。
動物たちの今後に大いに影響ありなので、
皆さん、ぜひ参加してください。

【千葉県HPより】

飼育動物の愛護への関心と理解を深めるとともに、
動物愛護や適正な管理に対する県の取り組みなどについて
知っていただくための催しです。

日時 11月2日(土曜日)14時~16時30分
会場 千葉県教育会館大ホール
(JR外房・内房線本千葉駅から徒歩12分)
【地図の載ったチラシはコチラ】

内容:講演「改正動物愛護管理法と県条例について」

   動物愛護推進員活動報告、パネルディスカッションほか

定員 300人(申込先着順)

申込方法 参加希望者全員の住所、氏名、電話番号、
ファクス番号またはメールアドレスを書いて
ファクスまたはEメール。電話申込可

※応募多数で参加いただけない方のみ連絡します。


問い合わせ・申込先 県衛生指導課
TEL 043(223)2642 FAX 043(227)2713
Eメール eisi3@mz.pref.chiba.lg.jp
HP http://www.pref.chiba.lg.jp/sc/131003

_____________________

ushi

【ある地域ねこ活動の現場】

ふなねこが結成される前から活動しているYさんと言う方が居ます。

船橋市に「地域ねこ活動」と言う言葉もない10年以上も前から、
公園の猫たちにエサやり、不妊去勢手術し、
フンの始末を行なっていました。

ふなねこに参加してくれた当初、公園の猫たちは15~6匹居ました。
(7年前です)

それが今ではたった5匹。
しかもその5匹は活動当初には居なかった猫ばかり。

活動当初に居た猫たちは、ほぼ亡くなってしまいました。
(里子に出した猫も居ます)

shiro

公の場所には捨て猫があります。
看板を立てても、動物愛護法の罰則が厳しくなろうと
捨てる人間が後を絶ちません。

なのでYさんの活動が終わらないのです。

suteneko

中には首輪をつけたまま捨てられた猫も…。
「飼い猫は家に入れて飼育してください」と言う
メッセージを首輪につけたのですが、
猫を家に入れてくれるどころか、
首輪ごと取られて、放り出されてしまいました。

mike

Yさんも後期高齢者になってしまいました。
いつまで活動が続けられるかわかりません。

地域の人々にチラシを撒いて、ボランティアさんを募集しているのですが、
一組の親子が参加してくださったのみで、
多くの方に参加してもらえません。

kiji

もうすぐ、「地域で頑張る活動家さんたちの高齢化」
大問題になると思います。

若者の皆さん。

活動への参加を御願い致します。

chashiro

2013年05月13日 (月) | 編集 |
千葉県が今年度も「飼い主のいないねこ不妊去勢手術事業」を行います。
残念ながら、船橋市は中核市で独自の施策を行っていることから、
この事業に参加できないのですが、(千葉市、柏市も同様)
県内活動家さん!ぜひ県の事業に参加してください。

【事業の内容】

千葉県内(千葉市・船橋市・柏市を除く)で
「地域ねこ活動」に取り組み、
「飼い主のいないねこ」の不妊去勢手術を実施する団体・グループを募集しています。

無料手術の実施などが魅力的な事業です。
参加するには手続きが必要になりますので、
ぜひ県のHPを見てください。

詳しくはコチラ ▼▼▼

千葉県:「飼い主のいないねこ不妊去勢手術事業実施計画」募集のお知らせ

【ふなねこの事業に対する考え】

無料手術が素晴らしく有りがたい事業ではありますが、
地域猫活動は、手術が終わったら成功!終了!ではありません。

手術を終えた猫たちが安心して天寿を全うできるよう、
毎日の餌やり、体調の管理、糞尿の始末、
地域への理解と協力を得るための広報などが必要です。

この活動は、人間の都合でお腹を切るのですから、
最期まで面倒を見て、トラブルを防ぐことが務めと考えています。

neko1
____________________

前年度、県の事業に参加した鎌ヶ谷市の活動家さんが
ブログを開設しています。

地域ねこ活動に果敢にチャレンジする様子が描かれています。

詳しくはコチラ ▼▼
「鎌ヶ谷 地域猫にチャレンジ」

鎌ヶ谷市では、2つのグループが事業に参加しました。
お隣の市が活発に活動してくださると、
本当~~に励みになります。

千葉県、頑張っています!

ojisanneko

___________________

【ふなねこ賛助会員募集中!!】

ふなねこも新事業が始まりました。
(詳しくは前回の記事をご覧ください)

今後も皆様からのより一層のご協力を御願い致します。

年会費は3000円以上

【以前は5000円でしたが、より多くの方に支援していただけるよう
 3000円に致しました】
入会金はありません。

会員には年に一回の会報、その他特典あり。

会報「ふなねこ通信」、ブログにはない内容を掲載しています。
今年の特典は、ふなねこカラーファイルです。

*新規会員の方には、ふなねこステッカーをお送りします。
 カラーファイルは2年目以降となります。
宜しくお願い致します。

【お振込先・ゆうちょ銀行】

●ゆうちょ銀行から→ゆうちょ銀行へのお振込先

(口座記号番号)00150-3-639440

(口座名)NPO法人ふなばし地域ねこ活動

(口座名カナ) トクヒ)フナバシチイキネコカツドウ

●他銀行から→ゆうちょ銀行へのお振込先

(店名) 019

(預金種目)当座預金 

(口座番号)0639440

(口座名)NPO法人ふなばし地域ねこ活動

(口座名カナ) トクヒ)フナバシチイキネコカツドウ

*振込用紙に、賛助会員希望と明記の上、
 必ず住所・氏名・連絡先をご記入ください。 
(それらがないと会報、特典をお送りすることができません)

ojisan2
>>ヨロシクオネガイします<<
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。